民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

世論調査

世論調査:首相にふさわしいのは鳩山氏34%麻生氏21%

 16日の民主党代表選で鳩山由紀夫氏が選出されたのを受け、毎日新聞は16、17日、緊急の全国世論調査を実施した。麻生太郎首相と鳩山氏のどちらが首相にふさわしいかを聞いたところ、鳩山氏との回答が34%で、麻生首相の21%を上回った。次の衆院選で勝ってほしい政党の質問では民主党が56%で、代表選前の12、13日に行った前回調査比11ポイント増となり、自民党の29%の2倍近くに達した。民主党は小沢一郎前代表の公設秘書逮捕で傷ついた党のイメージを小沢氏の辞任と代表選の実施によって回復させたといえそうだ。

 4月に麻生首相と小沢氏についてどちらが首相にふさわしいかを聞いたときは、首相が21%で小沢氏は12%だった。秘書逮捕前の2月調査では小沢氏が25%で首相の8%を上回っていたが、今回の鳩山氏の34%はこのときの小沢氏を超えた。ただ「どちらもふさわしくない」との回答が42%で最も多かった。

 衆院選で自民、民主のどちらに勝ってほしいかの質問でも、民主は2月の51%を上回った。政党支持率では民主が30%(前回24%)、自民が23%(前回27%)と逆転。民主は2月の29%とほぼ同じレベルまで回復した。「支持政党なし」の無党派層は37%だった。

 ただ、鳩山代表に期待するかどうかの質問では「期待する」と「期待しない」がともに49%で拮抗(きっこう)。小沢氏の辞任と鳩山代表の就任で民主党に対する評価が変わったかについても「変わらない」が68%に達した。秘書が逮捕・起訴された西松建設事件に関する小沢氏の説明不足や、鳩山氏に「小沢後継」イメージが強いことが影響しているとみられる。

毎日新聞






最近何かと言うと世論調査ばかりで、マスコミは記事を書くと言うよりも世論調査をただただ書く機関になったほうがいいのではないかと思うぐらい。

この世論調査は本当に意味があるのだろうか?

最近の世論調査はランダムにはじき出した電話番号に電話し、回答を選択してもらう方法が主流らしい。


民主党代表選挙の直前の世論調査によれば岡田代表候補が圧倒的に支持されていると言う結果でした。
しかし代表選直後のこの世論調査によると、鳩山新代表は世論から一定以上の指示を受けている。

おかしくないか?

もし岡田代表候補の支持が高く、鳩山新代表の支持が低ければ、民主党の支持率は下がらないとおかしいし、また鳩山新代表が麻生総理以上に支持されると言うのもおかしな話だ。


そしてこの怪しげな世論調査を元にして、小沢前代表は辞任した訳だが、なんとも奇妙な話だと思うのは私だけだろうか?

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2009-05-17 22:22 | ニュース