民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Yes, we can.

オバマ大統領 ノーベル平和賞授賞理由の全文

 ノルウェー・ノーベル賞委員会は、09年の平和賞をバラク・オバマ米大統領に授与することを決定した。彼は多国間外交と諸国の人々の協力を強化することに並はずれた努力をした。委員会はとりわけ、オバマ氏の核なき世界についてのビジョンや働きを重視する。

 オバマ氏は、大統領として国際政治の中で新たな機運を作り出した。国連やその他の国際機関が果たすことのできる役割を強調したことで、多国間外交は、中心的な位置を取り戻した。最も困難な国際紛争を解決する手段として、対話と交渉が優先されるようになった。核なき世界のビジョンは、核軍縮や軍備管理交渉に活力をもたらした。オバマ氏の主導のおかげで、世界が直面する気候変動の挑戦に立ち向かう上で、米国はこれまでより建設的な役割を果たしている。民主主義と人権も強化されるだろう。

 オバマ氏ほど、よりよい未来への希望を人々に与え、世界の注目を引きつけた個人はまれだ。オバマ氏の外交は、世界を指導すべき者たちは、世界中の人々の大半が共有する価値や態度を基盤にして導かなければならないという考えに基づいている。

 108年にわたって、委員会はまさにそのような国際的政策や、オバマ氏が世界を代表するスポークスマンになっているような態度を促進することを目指してきた。委員会は、オバマ氏が「今こそ、私たち全員が、グローバルな課題に対してグローバルな対応をとる責任を分かち合うべき時だ」と強調していることを支持する。

朝日新聞


私もこの一報を聞いて驚いたけど、充分その価値はあると思う。確かにあまりに早すぎる気はするけど。
言うだけなら誰でも出来るというが、アメリカの大統領になって核の無い世界を目指そうなど、誰にでも言える事じゃない。

アメリカはマッチョ思考が根底にある国家。


誰よりも強い筋肉。
誰よりも強い武器。
誰よりも強い軍隊。
誰よりも強くて多くの核兵器。



これがなににも置いて支持される、それがアメリカ。マッチョこそが正義と言うのがアメリカ。


そんな国で世界の非核化など言い出せる現職の大統領などいなかった。それをオバマ大統領は初めて公言した。

この後、また別の大統領も同じ事を公言できる。それにこそ、大いなる価値がある。


誰も言い出せなかった事を公言すると言う事は、それだけで価値がある。

物事は、誰かが言わなければ始まらないのだから。

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2009-10-09 21:25 | ニュース