民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「被爆都市に聖火を」――広島夏季五輪開催の可能性は?

広島、20年五輪招致を検討 「被爆都市に聖火を」

 広島市が2020年夏季五輪招致に向けての検討を始めたことが10日、分かった。複数の関係者によると、近く日本オリンピック委員会(JOC)と協議する予定。「核廃絶」を世界にアピールし続けている「被爆都市ヒロシマ」が五輪招致に正式に名乗りを上げれば、世界的な注目を集めそうだ。

 広島市の秋葉忠利市長が会長を務める平和市長会議は、20年までの核兵器廃絶を目標に掲げる。同市長は、9月にメキシコで開催された軍縮に関する国際会議でも、将来の「夢」として「核のない世界を祝うための広島、長崎での五輪開催」に言及。今月2日に決まった16年夏季五輪招致で東京都がリオデジャネイロに敗れたことにより、核廃絶の目標年の20年大会招致を視野に入れたとみられる。

 広島市は、一部競技の分散開催などを含め、同じ被爆都市の長崎市とも協力する意向を持っている。

 16年五輪の東京招致失敗は「なぜ東京で」の明確な理念を示すことができず、08年北京五輪からわずか8年後のアジア開催が障害になったとの分析が有力だ。広島市での開催には「五輪を通じて平和を訴える」という強いメッセージがあり、ある国内スポーツ関係者は「広島が正式に立候補すれば、強力な候補になる」とみている。

 1994年には広島市を中心にアジア地域の国際総合大会である第12回アジア大会を開催した実績があり、42カ国・地域から約7300人が参加した。20年夏季五輪開催地は13年の国際オリンピック委員会(IOC)総会で決まる。東京は20年大会招致への再挑戦を明確にしていない。

共同通信





世界の非核化を目指すオバマ大統領のノーベル平和賞受賞など、国際的に活気を帯びてきた「核廃絶」。その流れに乗ってか、広島が2020年夏季五輪招致に向けての検討をはじめたという事です。

日本での夏季五輪開催は、第12回東京夏季五輪(1940年・中止)、第18回東京夏季五輪(1964年)の二大会がありましたが、同じアジアで第24回ソウル夏季五輪(1988年)、第29回北京夏季五輪(2008年)と開催されており、第31回夏季五輪の東京招致は失敗となりました。

世界の非核化、その象徴としての被爆都市ヒロシマ、そしてナガサキの五輪共同開催というのは理由としては明確です。
世界遺産である原爆ドームが五輪開催でどのように利用されるのかも興味深い。

果たして開催可能となるのか?

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2009-10-10 23:05 | ニュース