民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

矛盾は矛盾しか生まない

児童ポルノ「所持も禁止を」
「国際エクパット」事務局長のマドリナンさん

 児童ポルノなど子どもの性的虐待の問題に取り組むNGO「国際エクパット(ECPAT)」の事務局長、カルメン・マドリナンさんがこのほど来日し、東京でセミナーを行った。

 インターネットの普及やグローバル化で問題は深刻化しており、子どもを守る法の強化が必要と指摘した。

 国際エクパット(本部・バンコク)は世界各地に拠点を持つ国際ネットワークで、児童買春などに反対する活動をいち早く始めた。児童保護の教育プログラムの専門家でもあるマドリナンさんは、警察庁のセミナーに続き、11月26日に国会内で開かれた与野党議員との会合に参加。児童ポルノの深刻な状況を報告した。

 それによると、子どもの性的虐待の場面を写した児童ポルノ画像はネット上で増えており、〈1〉毎日約200の新しい画像が流布している〈2〉国際刑事警察機構が集めたネット上の画像で被害児童数は1万~10万人、その8割が6~12歳と推定される〈3〉より暴力的でより幼い子の画像が増える傾向がある――という。

 また、英米加豪などの捜査機関が情報を分析した結果、ポルノ所持で逮捕された者の40%が子どもへの犯行を実行、15%が計画したことが明らかになったという。

 「見る行為と犯罪の関連性がわかってきた。麻薬や銃と同様に、反社会的な使い方をされる危険性がある物は所持から禁止する必要がある。製造や流布の禁止だけでは十分ではない」とマドリナンさんは言う。

 「表現の自由」の侵害が懸念されている点では、「多くの国で議論になったが、児童ポルノは重大な犯罪であり、まず子どもを守るのだと合意したうえで、各国とも両者のバランスをとる努力をしている」と紹介。「アニメやゲームなどの性的表現も『子どもを性的満足の道具にしている』という観点から、多くの国が処罰化を進めている」とし、日本での議論を促した。

 セミナーに出席した国会議員からは「日本でも所持を禁止する法改正を急ぎたい」(民主党の小宮山洋子衆院議員)との発言があった。

読売新聞




例えば世界のどこでも刑法によって殺人は禁じられているわけですが、殺人事件が一件も起きない国はないと断言できます。
だからといって殺人を刑法で禁じなくていい訳ではありませんが、刑法は人の行動を縛るわけではなくて、その行動による結果を罰するって事だと私は解釈してます(詳しい法律的な事は知りませんけど)。

で、まあこの児童ポルノの単純所持を罰したり漫画やアニメを見る事(作る事も含め)を罰すると言うのは、子供を守るために人が考える事を罰するという事ですね。


子供が被害にあってからでは遅すぎる!


なるほど、確かにそれは説得力がある言葉です。
であるならば、人が殺されてからは遅すぎる!んですから、殺人こそ真っ先にすべてを禁じるべきなんじゃないのかしら?

殺人を描写した全ての文学、絵画、芸術、その他全て所持する事も思考する事も禁じなければなりません。


でもそんな事を大真面目に言い出して国連に嘆願したら、まともに聞いてくれますか?

ああ、この人って可哀想な人なんだねと呆れた目で見られて村八分にされるか、最悪、窓に鉄格子がついた病院に治療のために入院させられるでしょう。



論点がずれてる。論点がずれてる事を仮に本当に法整備したとして、論点がずれてるからまともに機能しないんですよ。

児童ポルノの単純所持を禁止した国家で、本当に子供に対する性犯罪がなくなったのか?


なくなった実例を出してくれないと、失敗した例を出されてもそれを飲む事など出来ないのですよ。


↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2009-12-05 16:21 | ニュース