民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

君死にたまふこと勿れ

「君、国売りたまうことなかれ」 安倍元首相が小沢氏批判

 君、国売りたまうことなかれ-。自民党の安倍晋三元首相は16日付の自身のメールマガジンで、歌人、与謝野晶子の句をもじり、天皇陛下に関する民主党の小沢一郎幹事長の言動を激しく批判した。

 安倍氏は、陛下と中国の習近平副主席との特例会見を内閣の助言と承認に基づく「国事行為」だとして正当化した小沢氏の14日の記者会見について、「天皇の政治利用は、好きにやらしてもらうとの宣言といえる」と指摘。小沢氏が先の韓国訪問時に永住外国人への地方参政権付与を約束し、来年の陛下の訪韓にも言及した問題に対し、「君、国売りたまうことなかれ」と訴えた。

 さらに、小沢氏が特例会見のごり押し実現を批判した宮内庁の羽毛田信吾長官の辞任を求めていることを念頭に、「辞めるべきはあなたであり、鳩山由紀夫首相だ」と書いた。

産経新聞



「君死にたまふこと勿れ」とは。

此処に掲載の詩編は、名高い「君死にたまふこと勿れ」が明治三十七年(1904)九月「明星」初出。忠君愛国の日露戦争時代に果然反響を巻き起こしたが、毅然として退くことなかった晶子反戦の真意は、「あきびと=商人」の自立心とともに、今にして露堂々と受け取れる。

http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/

安倍晋三はどうせこの詩を読んだ事もなく、ただタイトルをもじって愛国駄洒落とでも洒落込んだのだろうけど、これほど日本文化を著しく貶める行為はないな。

血統は最高、人間として凡庸。そして政治家としてきわめて劣悪という最低の政治家である安倍晋三。


その血統だけで日本国総理大臣にまで登りつめ、その劣悪な政治家能力で自らその地位をかなぐり捨て逃亡した、日本国民全てに唾した最低最悪の政治家である事を今更ここに繰り返し書く必要性もないけど、まあ今は世捨て人として政界の隅っこにチョロチョロしているだけならまだいいとして、日本が世界に誇る女流歌人、与謝野晶子の名歌を貶めるような恥知らずな行為をやらかすとは、全くどこまで愚劣なんだろうか?

凡庸だけならまだしも、人間として愚劣

政治家どころか、人の親になる資格もない(子供がいないので一安心だが)。



人間として最低限の品位を持っていれば、この名歌を自分の劣悪な思想で犯そうなどとは考えない。


あゝをとうとよ戰ひに

君死にたまふこと勿れ

(旅順口包囲軍の中に在る弟を歎きて)

 

あゝをとうとよ君を泣く

君死にたまふことなかれ

末に生れし君なれば

親のなさけはまさりしも

親は刃(やいば)をにぎらせて

人を殺せとをしへしや

人を殺して死ねよとて

二十四までをそだてしや

 

堺(さかひ)の街のあきびとの

舊家(きうか)をほこるあるじにて

親の名を継ぐ君なれば

君死にたまふことなかれ

旅順の城はほろぶとも

ほろびずとても何事か

君知るべきやあきびとの

家のおきてに無かりけり

 

君死にたまふことなかれ

すめらみことは戦ひに

おほみづからは出でまさね

かたみに人の血を流し

獣(けもの)の道に死ねよとは

死ぬるを人のほまれとは

大みこゝろの深ければ

もとよりいかで思(おぼ)されむ

 

あゝをとうとよ戦ひに

君死にたまふことなかれ

すぎにし秋を父ぎみに

おくれたまへる母ぎみは

なげきの中にいたましく

わが子を召され家を守(も)り

安(やす)しと聞ける大御代も

母のしら髪(が)はまさりけり

 

暖簾(のれん)のかげに伏して泣く

あえかにわかき新妻(にひづま)を

君わするるや思へるや

十月(とつき)も添はでわかれたる

少女(をとめ)ごころを思ひみよ

この世ひとりの君ならで

あゝまた誰をたのむべき

君死にたまふことなかれ


與謝野 晶子

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2009-12-16 20:15 | ニュース