民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

人のふり見て

「あなたたちは宝」タイムカプセルからじいちゃんの手紙

 8年前に大分市の野津原東部小(当時は野津原町立東部小)を卒業した新成人が、校庭に埋めたタイムカプセルを掘り起こした。教科書や習字作品に交じり、子どもたちと親しくし、カプセルを作った佐藤昌史さん(享年75)からの未開封の手紙が入っていた。

 当時の6年生は22人。佐藤さんとの交流が始まったのは2001年10月だった。運動会への招待状を校区内のお年寄りに送ったら、体調の悪い佐藤さんから「行けなくてごめんね」と丁寧な返事が来た。後日、運動会のビデオテープを持って訪ね、リコーダー演奏などを披露した。

 佐藤さんは農業の傍ら、管工事業も営んでいた。カプセルは、子どもたちの希望を耳にして丈夫な樹脂で作った。それから2年余り。04年6月にがんで亡くなった。

 手紙は「成人式を心よりお祝い申し上げます」で始まり、「多くのことをばあさんと一緒に教えてもらい、言葉で表せないほどうれしかった」と感謝。「今日の晴れ姿を拝見し一緒に開封したかったが、病弱な私は思いもむなしくこの世にはいないと思います」とも書かれていた。この頃すでに佐藤さんはがんであることを告げられていた。

 カプセルを埋めたのは02年3月。「世界貿易ビルが爆破された思い出から8年。カプセル開封時の日本は、世界は、どういう状況でしょうか。世界平和と日本の発展のため、一人一人が絆(きずな)を大切にしながら頑張ってください。あなたたちは日本の宝です」

 成人の日を前に、9日の開封式に集まった卒業生は13人。佐藤さんからの思わぬメッセージに涙を流した。大学2年の三ケ尻宏太さん(20)は「じいちゃんがこの場にいないのが、本当に寂しい」。手紙を読み上げた当時担任教諭の水島陽子さん(44)は「いろんな人から愛情をもらいながら生きていることを忘れないで。つらいことがあったらこれを読み返してください」と語った。

 そばでじっと聞いていた佐藤さんの妻ミチ子さん(77)は「主人が生きていたらどんなに喜ぶか。手紙まで入っていたなんて、まるでじいちゃん自身のカプセルみたいだね」と話した。

朝日新聞




成人の日と言うと近年では羽目を外した新成人のお騒がせでニュースが埋まるのが恒例になってる。
そして既に成人を迎えたいいオトナたちが、「今時の若い者は…」と出来た大人のふりをして自分を慰める。

非常に恥ずかしいな。

羽目を外す事なんて誰にだってあるし、結局は他人の不幸は蜜の味って事。自分が出来た大人のふりをしても、他人の不幸を笑うと言う事は結局は心はクソガキのままだという裏返しだ。

誰だって他人の不幸は笑えるし、そうやって自分を慰めるものだ。それを否定はしない。
否定はしないが、それはこっそりとやる事だろう。恥ずかしい事なんだから。

今やそれを公然と行える日、それが成人の日となっている。



この前のアメトーーク新春ゴールデンスペシャル。俺達のゴールデンプロレスでZERO1社長のプロレスラー、大谷晋二郎が言ってたよ。


「一生懸命に大好きな事を頑張っている人は、絶対に人をいじめたりしない」

「僕らにはプロレスしかないから、プロレスでみんなにメッセージを送る事しか出来ないから、でもそのたった一つにプロレスを俺ら大の大人は一生懸命頑張ってるんだ。」

「お前らが大好きな物を一生懸命頑張れ。一生懸命頑張った奴は報われなきゃ嘘だ!」







人を笑う暇があったら自分を笑え。笑われてるのはお前の写し鏡だから。

何もやってないお前自身だから。

↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by Mr_F | 2010-01-11 03:26 | ニュース