民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

それで、今日はどこのどいつを殺ってくれと仰るんで?

俳優の藤田まことさん死去 「必殺」シリーズなど人気

 「てなもんや三度笠」のあんかけの時次郎から「必殺」シリーズの中村主水(もんど)まで、幅広い芸域と深みのある演技で人気を集めた俳優の藤田まこと(ふじた・まこと、本名原田眞〈はらだ・まこと〉)さんが17日午前7時25分、大動脈からの出血で死去した。76歳だった。通夜と葬儀は親族のみで行う。喪主は長男原田知樹(ともき)さん。

 シリアスな中に人情とユーモアを秘めたキャラクターで愛された。特にテレビドラマでは、「はぐれ刑事純情派」の安浦刑事、「剣客商売」の秋山小兵衛といった当たり役に恵まれ、いずれも長寿の人気シリーズになった。

 1933年、東京生まれ。父は無声映画時代に活躍した俳優の藤間林太郎。19歳で地方回りの劇団に入り、歌手や声帯模写、司会などで笑いのスタイルを磨き、コメディアンとしてテレビの世界へ。初めて主演をつかんだコメディー時代劇「てなもんや三度笠」(62~68年)は、関西で60%、関東でも40%を超す高視聴率を上げ、その名を全国に知らしめた。

 その後しばらく不遇の時代が続いたが、「必殺仕置人」(73年)から登場する中村主水役で再びブレーク。コメディアンから演技派への変身を遂げた。家庭や奉行所ではうだつが上がらないが、裏で法で裁けぬ悪人を葬るすご腕という新しいヒーロー像を作り上げ代表作となった。

 映画、舞台でも活躍した。海軍に入隊した実兄を戦場で失うなど、戦争体験者として反戦、平和への願いは強く、映画「日本の青春」(68年、小林正樹監督)、「明日への遺言」(08年、小泉堯史監督)などで、その思いを演技にぶつけた。歌にも定評があり、舞台の「東海林太郎物語 歌こそ我がいのち」(84年)、ミュージカル「その男ゾルバ」(86年)などに主演した。02年紫綬褒章受章。

 08年4月に食道がんとわかり、手術。懸命のリハビリの末、同年秋から仕事に復帰した。しかし、09年秋、出演予定だったドラマ「JIN―仁―」(TBS系)を、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のため降板し、休養。今年1月から活動を再開したばかりだった。

朝日新聞


ついこの前、剣客商売のスペシャルが放送されたのに、まさか亡くなられるとは……。



事実上、最期の映画主演となった「明日への遺言」、地味だけどいい映画でしたよ。

藤田まことさんのお兄さんは戦死されてるんですよね。同映画のアピール番組でお兄さんが亡くなったと思われる沖縄の海へ献花しに行くのですが、寂しそうだったよなぁ。

お兄さんを殺した戦争指導者の多くは戦後ものうのうと生き続けて、財閥系企業の取締役になったり自民党の議員になったり、挙句の果てには総理大臣になったりして責任を放棄し続けてきたわけですが、「明日への遺言」はそういった戦争指導者たちへの藤田まことさんなりの痛烈な批判だった気がします。


法で裁けぬ悪党どもを斬って斬って斬りまくる中村主水。

一掛け二掛け三掛けて 
仕掛けて殺して日が暮れて

橋の欄干腰下ろし 
遥か向こうを眺むれば 
この世はつらーい事、ばかり

片手に線香 花を持ち 
おっさん おっさん何処行くの

私は必殺仕事人、中村主水と申します

「それで、今日はどこのどいつを殺ってくれと仰るんで?」




しかし、膝から崩れ落ちるような感じがする。藤田まことさんが亡くなったとは……。

ご冥福をお祈りします。

↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by Mr_F | 2010-02-19 04:45 | ニュース