民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お布施が足りない

機密費:評論家にも 野中元長官、講演で証言

 野中広務元官房長官は、23日に那覇市内で開かれたフォーラムの基調講演の中で、自身が長官在任中(1998年7月~99年10月)、先例に従い、複数の評論家に内閣官房報償費(機密費)から数百万円を届けていたことを明らかにした。

 野中氏は講演で「言論活動で立派な評論をしている人たちのところに盆暮れ500万円ずつ届けることのむなしさ。秘書に持って行かせるが『ああ、ご苦労』と言って受け取られる」と述べ、機密費からの提供が定期的にあったことを明かした。

 野中氏は自民党政権時代に、歴代の官房長官に慣例として引き継がれる帳簿があったことにも触れ「引き継いでいただいた帳簿によって配った」と明言。その上で「テレビで立派なことをおっしゃりながら盆と暮れに官邸からのあいさつを受けている評論家には亡くなった方もいる」と指摘した。一方で機密費の提供を拒否した評論家として田原総一朗氏を挙げた。

 官房長官の政治的判断で国庫から支出される機密費は、鳩山内閣が昨年11月に内閣として初めて2004年4月以降の小泉内閣から現在までの月別支出額を公表したが、使途については明かしていない。

毎日新聞



野中元幹事長といえば中央政界入りこそ遅いが自民党の寝業師として政界の裏側を牛耳ってきた男。
自民党崩壊を公明党との連立で食い止めた策士でもあり、政治の汚い部分を最も見てきたはずの政治家。

そして麻生太郎を代表とする自民党のエリートに、部落出身者は総理に出来ないと蔑まれてきた人物。

世襲が当然とされる自民党で、その地盤を継ぐ人物を自民党に奪われ政界から完全引退させられた事からも、知りすぎたが故に嫌われた感がある。


非主流派である清和会に実権を奪われた自民党を非難し続ける野中元幹事長のこの爆弾発言。


テレビで普天間はどうの、民主党はどうのと口を酸っぱくして世論を誘導している連中は、みな自民党からお布施を受けていた。
そしてそれを暴露されても無視し、ひたすら民主党を攻撃する。

そう、攻撃しているのではない。お布施をよこせとテレビを通じて訴えているだけなのだ。

↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by Mr_F | 2010-05-19 22:01 | ニュース