民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

筋を通した社民党、無理を通した民主党

首相、福島消費者相を罷免 社民は政権離脱の公算

 鳩山由紀夫首相は28日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題への対応をめぐり、社民党党首の福島瑞穂消費者行政担当相を罷免した。官邸で開いた臨時閣議で決定した。名護市辺野古に移設するとした日米共同声明を受け、首相は基本政策閣僚委員会で政府方針の閣議決定に署名するよう求めたが、福島氏が拒否した。社民党は連立政権を離脱する公算が大きく「重大な決定をせざるを得ない」との声明を発表した。

 首相は記者会見で、3党の連立体制を維持する考えを強調。「沖縄の基地問題に取り組み続けることが自分の使命だ」と述べ、夏の参院選に向けて続投に意欲を示した。

 だが「県外移設」を公言しながら実現できなかった上、閣僚を罷免する事態となり、首相の責任が問われるのは必至。社民党との連立が解消されれば、参院選への影響は大きく、進退問題に発展する可能性もある。

 福島氏の職務は平野博文官房長官が代理で務めるが、鳩山首相は連立維持のため社民党内から後継を選びたい意向とみられる。ただ同党の反発は必至だ。

 福島氏は会見で罷免について「沖縄を切り捨てることだ」と首相を批判した。社民党は30日の全国幹事長会議で、連立離脱の可否について最終決定する。

共同通信




日本に駐留する在日米軍基地の75%が沖縄県内に集中するという異常な状態。
普天間基地移設に伴い、それを県外に移設するというのが鳩山首相の思惑だったが、アメリカ、官僚、そして民主党内のアメリカ追従勢力の圧力に屈し、最後まで県外移設を訴えた福島社民党党首を大臣職から罷免してまで自公政権が道筋をつけた県内の辺野古移設を断行してしまった。

これまでの自民党政権ではアメリカの思惑から外れるような行動そのものが起こらず、それを政権交代で実行した部分は評価に値するが、結果的に失敗ししかも閣内連立の党首を大臣罷免するという結論に至った政治責任は鳩山首相に問うべきだ。

そしてそれ以上に、鳩山首相にこの結末を選ばせた官僚、民主党内のアメリカ追従勢力(岡田大臣、前原大臣)も厳しく非難されなければならない。
筋を通した福島党首が大臣罷免され、裏工作をした連中が大臣として残るなど、無理を通せば道理が引っ込むの例え通りだ。


社民党は間違っていない。民主党内部に問題がある。これを解消しなければ民主党は分裂し、また日本の政治は誤った方向に進んでしまう。

↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by Mr_F | 2010-05-29 02:04 | ニュース