民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

65年目の来客

被爆65年、核廃絶願い式典 '10/8/7

 広島市は6日、中区の平和記念公園で、原爆死没者慰霊式・平和祈念式(平和記念式典)を営んだ。米国による原爆投下から65年。昨年より5千人多い5万5千人(市発表)の被爆者や遺族、市民らが参列した。米国政府を代表するジョン・ルース駐日大使、国連の潘基文(バンキムン)事務総長も追悼の祈りに加わった。

 核兵器廃絶に向けた国際機運の高まりを受け、核兵器保有国から英国やフランス代表も初めて参列。これらを含め海外政府代表は過去最多の74カ国に上った。秋葉忠利広島市長は平和宣言で日本政府に対し、「核の傘」からの離脱や非核三原則の法制化を強くアピール。廃絶の先導役としての期待を込めた。

 午前8時からの式典で秋葉市長と遺族代表2人は、この1年間に亡くなった被爆者5501人(新たな死亡確認を含む)の死没者名簿を原爆慰霊碑に納めた。これで名簿は計97冊、26万9446人に。また長崎被爆分の名簿は4人の名前を加え計8人となった。

 原爆投下時刻の午前8時15分。こどもと遺族代表がつく「平和の鐘」が響き渡る。参列者は起立し、1分間の黙とうをささげた。

 続く平和宣言で秋葉市長は「こがあな いびせえこたあ、ほかの誰にも あっちゃあいけん(こんなに恐ろしいことはほかの誰にもあってはならない)」と広島弁で被爆者の願いを代弁。参列した菅直人首相に対し、核兵器禁止条約締結の音頭を取るよう求めた。

 また、こども代表の古田台小6年横林和宏君(11)=西区=と袋町小6年高松樹南(みきな)さん(11)=中区=は力強く「平和への誓い」を読み上げた。

 あいさつした潘事務総長は、核兵器がなくなるまで燃え続ける公園内の「平和の灯(ともしび)」に触れ、「被爆者の方々が生きている間に炎を消し、希望の光へと変えよう」と一日も早い廃絶を世界に呼び掛けた。

中国新聞





日本とアメリカは世界でも類を見ないほど緊密な関係を持った同盟国であるにもかかわらず、広島の平和記念式典に公式にアメリカ政府関係者が参加した事は今年が初めて。

それは勿論、今もアメリカは原爆投下は正当な軍事行動であるとしているため。

ジョージ・マーシャル陸軍元帥による、原爆投下により100万人の将兵が救われたとする説。


日本でも大日本帝国の軍事行動を正当化する人達もいるのだから、この事に関してはお互い様だろう。



オバマ大統領の核廃絶宣言から、少しづつ世界は変わってきた。
65年目にして、核攻撃を行った当事国から核攻撃を受けた当事国の式典に政府関係者が公式に参加した事実は大きい。

今日は昨日より少しづつ良くなる。明後日は更に少し良くなる。




世界はそうやって少しづつ、良くなっていると信じたい。



↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by Mr_F | 2010-08-06 23:53 | ニュース