民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

黒幕は一番「得」をする奴ら

元次官宅襲撃:「作業着の30~40歳」中野・被害者証言

元厚生事務次官宅連続襲撃事件で、重傷を負った東京都中野区の吉原健二さん(76)の妻靖子さん(72)が、宅配便を装った犯人に無言で刺され、自宅内を追い回されていたことが、警視庁の調べで分かった。同庁と埼玉県警の共同捜査本部は、吉原さんが在宅しているかどうかにかかわらず、応対に出た人を執拗(しつよう)に殺害しようとしたとみて、さらに詳しい状況を捜査する。

靖子さんは20日、板橋区の病院で初めて警視庁の聴取に応じた。それによると、犯人は30~40歳の男で身長165センチぐらい。野球帽か作業帽をかぶっていた。作業着の上下のような格好をしていたが、いずれも色はよく分からなかったという。

男は「宅配便です」とインターホンを鳴らし、配達を装うための箱のようなものを手にしていた。応対に出た靖子さんの胸を無言でいきなり刺したという。靖子さんは、「犯人から逃れようと家の奥に逃げ込んだ。(追いかけてきたので)玄関から外に逃げた」と話した。知らない顔で、終始無言のまま、室内を一周するように追いかけ回したという。

警視庁が20日、吉原さん宅の室内を検証した結果、廊下からリビング、台所に土足痕や血痕が残っていた。廊下の壁には血が飛び散り、床に血だまりもあった。物色されたような形跡はなかったという。

玄関の内側には、靖子さんが宅配便を受け取るために持参したとみられる吉原さんの印鑑が落ちていた。

靖子さんは事件直後、病院に救急搬送された際、消防隊員の質問にうなずく形で犯人像の一部を伝えていたが、具体的な犯人の行動を今回証言した。

毎日新聞




基礎年金制度に関わった元厚生官僚が殺害されたこの事件、一部では自業自得だとか不穏当な声も上がっているが、私は断固としてこの事件の犯人と黒幕を許せない

どのような理由があろうとも、暴力、そして殺人は容認されない。抵抗する自由はあっても、他人の生殺与奪の自由は我々にはない。




さて、犯人は誰なのかと疑問の声が聞こえてくる。

「年金問題のつけを払わされた」

これがこの事件を年金テロではないかと疑わせる元ではあるけど、正直納得できない

もしこれが年金問題に対する怒りの果ての暴挙であるのであれば普通、現役厚生労働官僚か、現役厚生労働大臣標的となるのが普通じゃないか?


そういった疑問がふつふつと湧いてネットをウロウロしていたら、こんな書き込みがあった。

「犯人は自民党」

その瞬間、頭の中のパズルがぱちんとはまった気がした。


自民党の官僚への支配力が弱まり、民主党へ次々と国民にばれたくない年金関連の情報が洩れまくっている今、かつてこの年金の関わった厚生官僚の口を封じて誰が得をするのか。

自民党が暴力団と深い関係にあるのは、かつての東京佐川急便事件からもその端が見え隠れするように、誰もが否定しないし、うっすらと事実と認識している。


鉄砲玉の一人や二人、自民党ならすぐに用意できる。



犯人探しの大原則は、「最大限の得をした奴こそが真犯人」

年金問題の重要証言を吐き出せたはずの元官僚が、二人殺された。

この事件で誰が得をする?



死人に口なし。



死人に口があって困るのは、誰だ?

冷静に考えてみろ。

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2008-11-21 22:19 | ニュース