民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ハマコーの愛の鞭?

【私の小沢一郎論】浜田幸一元衆院議員 首相になる価値、気づくのが遅かった

 麻生太郎首相が10月30日の記者会見で、消費税率を3年後に引き上げると表明したが、長期的な国民生活を考えると極めて大きな意味をもつ発言だ。消費税率を上げるとは、これまでの首相が言えなかったことで、それも経済が厳しいこの時期に首相は言った。そこまで踏み込んだということは、首相は日本が世界において果たすべき役割は何かを考え、歴史に自分の足跡を残すという意志を示したのだと思う。解散・総選挙がどうこうより、きちっと政治責任を果たしたいということだったと思う。

 ここで、小沢君が考えなければならないことは、衆参両院のねじれ現象の中、単に政権を追及し続けるだけで政権をとるということでいいのか、ということだ。それでは仮に自分たちが政権をとっても、そのときに必ずしっぺ返しに遭う。

 小沢君が国家国民のことを考えるなら、首相と早く一対一で議論すべきだと思っていたので、党首討論が行われたのは良かった。ただ、党首討論では首相も無難な答弁しかしなかったし、小沢君も嫌がらせのような質問だった。勝ち負けではなく、国家のあるべき姿について、侃々諤々の議論をしてもらいたい。それには党首討論の時間が短すぎる。もっと時間を長くしたらどうか。

 5年後、10年後、さらに次の時代に「小沢一郎という人物がいたから日本は変わった、日本は良くなった」ということを望むのであれば、小沢君はただ「麻生首相はダメだ、辞めろ」と言うだけではなく、もし今、自分が首相の立場ならどうするかを考えて、発言し、政策をどう実現するのか、考えてもらいたい。

 そのためには、単に選挙で勝つために全国を回って歩くだけではなく、民主党内で若い世代と政策論議をもっとすべきだ。みんなで議論して決めて動く、そして責任ももつという政治のあるべき姿を、身をもって示してほしい。そうでなければ、小沢君は選挙が終われば、政治家として死んでしまいますよ。民主党内には「小沢さんは選挙まで」と思っている人がたくさんいるんですから。

 私と小沢君とは当選同期なんです。同じく田中角栄さんに師事し、彼は幹事長までなった。私を自民党の国民運動本部長にしてくれたのも彼だし、確か孫が5歳になったときに鎧兜(よろいかぶと)を贈ってくれたこともあった。

 私は小沢君に厳しいことも言ってきたが、悪口のようなことは言ったことがないし、私が書いた「日本をダメにした九人の政治家」にも入れていない。彼は自民党時代に首相になろうと思えばなれたが、ならなかった。私からすれば、彼は首相になる価値に気づくのが遅かった。今になってそれを知ったのだろう。

 小沢君、あなたは日本の国民を背負って歩く人間として、現在の政治の未熟さをあげつらうだけでなく、正々堂々と話すべきは話し合い、戦うべきは戦うという分かりやすい政治をして、二大政党政治の確立を目指してほしい。小沢君はそれをやろうと思えばやれる人間だ。しかし、やる意志がなければやれないだろう。

産経新聞






ハマコーといえば随分とメディアで小沢民主党批判をしてたような気がするんですが、宗旨替えしたのか実は愛の鞭であったのかどっちなんだろう?

以外と、実は仲良しだったのかもしれないね。小沢政権が誕生したら、浜田靖一防衛大臣が民主党に移籍したりして。


小沢さんも最近は麻生太郎が辞任したら超大連立の選挙管理内閣を作ろうとビックリ発言をしてますが、国民は「自民党(と公明党)はもう嫌だ!」といってるんですから自民党抜きでの連立をそろそろ模索しなきゃいけないと思う。

麻生太郎のおかげで自民党も空中分解しそうだし、そろそろ本気で考えないとまずいですよ。



しかし、最近の産経新聞の麻生太郎叩きは凄いな。これも実は、愛の鞭?

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2008-12-05 00:34 | ニュース