民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

底のないバケツに水は溜まらない

税制改正大綱:与党が決定 減税一色、規模は1兆円超に

自民、公明両党は12日、09年度与党税制改正大綱を決定した。

景気悪化に対応し「内需刺激のため、大胆かつ柔軟な減税措置を講じる」として、過去最大規模の住宅ローン減税など大型減税一色の内容となった。
その結果、減税規模は国・地方を合わせて平年度約1兆700億円(09年度は5900億円)に膨らんだ。

一方、政府が年内に策定する税制改正の「中期プログラム」の核となる税制抜本改革については「経済状況の好転後に速やかに実施する」としただけで、焦点だった消費税引き上げ時期や幅は示さず、景気最優先のバラマキ型の大綱となった。

政府は大綱をベースに年明けの通常国会に税制改正関連法案を提出する。
3年連続で減税型の税制改正大綱となったが、たばこ税引き上げも見送られたため、減税規模は08年度大綱の60億円から大幅に拡大した。

大綱は政府が10月末の追加経済対策に盛り込んだ政策減税を具体化。
住宅ローン減税は最大減税額を600万円に拡大、1000万円以下の土地譲渡益課税を非課税にする制度の創設など不動産市場の活性化策も盛り込んだ。
低迷する国内自動車市場のてこ入れでは、ハイブリッド車など「低公害車」について、新車購入時や車検時に自動車重量税、自動車取得税を100~50%軽減する制度を3年間の時限措置で実施する。

政府・与党が中期プログラムに盛り込む税制抜本改革について、大綱は与党内の反発に配慮し「2010年代半ばまでに持続可能な財政構造を確立する」と幅のある表現にとどめた。政府は来週にも中期プログラムを決定するが、麻生首相が目指す「3年後の消費税引き上げ」が盛り込まれるかどうかは微妙だ。

毎日新聞




財政再建よりも景気対策が優先と公言している麻生太郎ですが、定額給付金の次には減税と来ました。

景気対策として減税は、確かに必要。

必要だけど、これだけでは意味がない


今の日本は底がないバケツ。そこに水を溜めようとしても、溜まるはずがない。

減税する事により国民の消費を活性化させる、それが景気対策な訳ですが、国民は収入が全体的に減っているのですよ。

景気対策とは即ち、国民の収入を増やさないと始まりません。


某府知事もそうですが、歳出を削減するなんて事は馬鹿でも出来るんです。減税も同じです。

そこからが、本当にやるべき事。

減税してばら撒きする。それは結局税金の無駄遣いで、巡り巡ってやはり国民が損をします

税金払ってるのは麻生太郎じゃない(彼も払ってますけどね)。国民なんですよ。



国民が安心して税金を払う。そのためには安定した収入。収入が増えれば税金も払うし、消費もしますよ。

今政治が行なうべきは、増税されていない高額所得者からの思い切った大増税。そして大企業には法人税以外にも環境税等の別の税負担。

平均以下の所得者からは減税。そして、儲けてる奴らからは率先して税金を回収する。それが当たり前の事なのに、ちまちま減税したところで国民の収入は増えませんよ!


バケツに水を溜めるには、まずバケツの底を直す所からはじめます。それから水を入れる。


順番を間違えてたら、いつまでも水は溜まりませんね。

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2008-12-13 01:47 | ニュース