民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

麻生太郎に助言

【本社・FNN合同世論調査】麻生内閣「支持率は危険水域」初の10%台に

 産経新聞社は10、11の両日、FNN(フジニュースネットワーク)と合同で世論調査を実施した。麻生内閣の支持率は昨年11月の前回調査から9.3ポイント下落し、18.2%と初めて2割を割り込んだ。不支持率も13.1ポイント増の71.4%で7割を超えた。政党支持率でも民主党が自民党を上回っており、昨年末から続く政府・自民党の支持率低落傾向に歯止めはかからなかった。

 麻生政権への評価を聞いたところ、「首相の人柄」については29.4%が「評価する」と答えた。しかし、「首相の指導力」「景気対策」「外交政策」などを支持すると答えたのは、いずれも10%台にとどまった。

 反対に「指導力」と「景気対策」では「評価しない」と答えた人が、それぞれ85.1%と80.3%と8割を超えた。

 首相と民主党の小沢一郎代表の2人のどちらが首相にふさわしいかも聞いたところ、小沢氏が41.0%だったのに対し、首相は25.2%。「信頼できるのは」「政策がよいのは」「『選挙の顔』として魅力的なのは」といった質問でも、すべて小沢氏が首相を上回る結果となった。

政党支持率は自民党が23.4%だったのに対し、民主党は26.6%。自民党は麻生政権発足以来、初めて逆転を許した。

 また、次期衆院選の比例代表で投票する政党を聞いたところ、民主党は41.5%を獲得し、29.0%の自民党を大きく引き離した。

 通常国会で焦点となっている定額給付金については、「ばらまき」で好ましくないと答えた人が75.1%。給付金の財源2兆円についても「ほかの政策に回すべきだ」と答えた人は79.8%にのぼった。

 だが実際に給付が決定すれば、84.8%が「受け取ろうと思う」と答え、受け取ろうと思わないと考えている人は11.4%にとどまった。

産経新聞




麻生太郎内閣の支持率が上がるなんて、それこそ神風が吹かないと無理だとは思いますが、次の解散総選挙で自民党が大敗しない方法を思いつきましたよ。しかもかなり簡単な方法です。

それは、

中選挙区制度に戻す!


元々現在の小選挙区制は組織票を持っている自民党に有利な選挙制度で、大型政党が生き残れる手段でしたが、ここまで自民党の支持率が下がってしまうと逆に民主党に優位な選挙制度になります。

だって今、自民党か民主党かを選べと言われた、あなたどうします?


小選挙区では一人しか選ばれません。まさに自民党にとっては危機。

しかし中選挙区制度なら複数人一選挙区当選できます。一位を民主党に取られても、二位は自民党が取れる。


麻生太郎に政治家としての資質があるなら、九月までに選挙制度を中選挙区制度に戻すでしょうね。

しないなら、お坊ちゃまはやっぱりアホぼんだったと言うことです。

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2009-01-13 00:10 | ニュース