民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ニュース( 86 )

俳優の藤田まことさん死去 「必殺」シリーズなど人気

 「てなもんや三度笠」のあんかけの時次郎から「必殺」シリーズの中村主水(もんど)まで、幅広い芸域と深みのある演技で人気を集めた俳優の藤田まこと(ふじた・まこと、本名原田眞〈はらだ・まこと〉)さんが17日午前7時25分、大動脈からの出血で死去した。76歳だった。通夜と葬儀は親族のみで行う。喪主は長男原田知樹(ともき)さん。

 シリアスな中に人情とユーモアを秘めたキャラクターで愛された。特にテレビドラマでは、「はぐれ刑事純情派」の安浦刑事、「剣客商売」の秋山小兵衛といった当たり役に恵まれ、いずれも長寿の人気シリーズになった。

 1933年、東京生まれ。父は無声映画時代に活躍した俳優の藤間林太郎。19歳で地方回りの劇団に入り、歌手や声帯模写、司会などで笑いのスタイルを磨き、コメディアンとしてテレビの世界へ。初めて主演をつかんだコメディー時代劇「てなもんや三度笠」(62~68年)は、関西で60%、関東でも40%を超す高視聴率を上げ、その名を全国に知らしめた。

 その後しばらく不遇の時代が続いたが、「必殺仕置人」(73年)から登場する中村主水役で再びブレーク。コメディアンから演技派への変身を遂げた。家庭や奉行所ではうだつが上がらないが、裏で法で裁けぬ悪人を葬るすご腕という新しいヒーロー像を作り上げ代表作となった。

 映画、舞台でも活躍した。海軍に入隊した実兄を戦場で失うなど、戦争体験者として反戦、平和への願いは強く、映画「日本の青春」(68年、小林正樹監督)、「明日への遺言」(08年、小泉堯史監督)などで、その思いを演技にぶつけた。歌にも定評があり、舞台の「東海林太郎物語 歌こそ我がいのち」(84年)、ミュージカル「その男ゾルバ」(86年)などに主演した。02年紫綬褒章受章。

 08年4月に食道がんとわかり、手術。懸命のリハビリの末、同年秋から仕事に復帰した。しかし、09年秋、出演予定だったドラマ「JIN―仁―」(TBS系)を、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のため降板し、休養。今年1月から活動を再開したばかりだった。

朝日新聞


ついこの前、剣客商売のスペシャルが放送されたのに、まさか亡くなられるとは……。



事実上、最期の映画主演となった「明日への遺言」、地味だけどいい映画でしたよ。

藤田まことさんのお兄さんは戦死されてるんですよね。同映画のアピール番組でお兄さんが亡くなったと思われる沖縄の海へ献花しに行くのですが、寂しそうだったよなぁ。

お兄さんを殺した戦争指導者の多くは戦後ものうのうと生き続けて、財閥系企業の取締役になったり自民党の議員になったり、挙句の果てには総理大臣になったりして責任を放棄し続けてきたわけですが、「明日への遺言」はそういった戦争指導者たちへの藤田まことさんなりの痛烈な批判だった気がします。


法で裁けぬ悪党どもを斬って斬って斬りまくる中村主水。

一掛け二掛け三掛けて 
仕掛けて殺して日が暮れて

橋の欄干腰下ろし 
遥か向こうを眺むれば 
この世はつらーい事、ばかり

片手に線香 花を持ち 
おっさん おっさん何処行くの

私は必殺仕事人、中村主水と申します

「それで、今日はどこのどいつを殺ってくれと仰るんで?」




しかし、膝から崩れ落ちるような感じがする。藤田まことさんが亡くなったとは……。

ご冥福をお祈りします。

↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by Mr_F | 2010-02-19 04:45 | ニュース

小沢疑獄騒動、終わる

「国民の信取り戻すべく頑張る」 小沢幹事長、続投表明

 小沢一郎・民主党幹事長が4日、党本部で記者団とやり取りした内容は次の通り。

 【冒頭発言】

 「この度の私の政治団体に関連することで大変、国民のみなさま、また同志のみなさまにご迷惑とご心配をおかけしましたことを心からおわびを致します。さきほど、弁護人の方から、私につきましては不起訴という知らせを頂きました。公平、公正な検察当局の捜査の結果として受け止めております」

 「一方、私の事務所で会計を担当しておりました者が起訴ということになりましたことは、大変残念でございますし、これまた、国民のみなさんや同志のみなさんにおわびを申し上げたいと思います」

 「特に、石川(知裕衆院議員)については、国会議員でございますが、みなさまにご理解とご認識をして頂きたいことは、石川が、国会議員、衆院議員としての職責に関連してその責任を問われているわけではないということでございます。国会議員になる前の私の事務所におった時のことであるということ、それからまた、起訴の内容も、いわゆる収支報告書の形式的な点についての責任を問われていることであるということは、みなさんにもぜひ理解と認識をして頂きたいと思います」

 「いずれにしても、昨年の3月以来、大変世間をお騒がせし、国民のみなさんや同志のみなさんにご迷惑をおかけしたことを、重ねてこの機会におわび申し上げたいと思います」

 【質疑】

 ――議員になる前ということだが・・・。

 「いや、なる前っていうよりも、国会議員の職責に関連して職責を問われているわけではないと。はい」

 ――今は石川被告となったが、党としての処分はどう考えるのか。

 「これは今、あの、私自身がそれこそ、私自身の政治団体に関連しての問題でございました。そういう意味で、今日の時点では検察の公正な捜査の結果が出たという時点でございますので、そのことにつきましては、いずれ本人と連絡が取れるかどうか分かりませんが、今後考える問題だろうと思っています」

 ――以前の記者会見で、陸山会の代表としての監督責任を認めたが、道義的責任も含めて今はどう考えるか。

 「あのー、代表者ですから最終的責任は私にあるということは、その通りであろうと思います。それを否定するわけではありません。ただいま申し上げましたように、石川自身も弁護人を通じてコメントを出しているようでございますが、報道等でずっと言われてきたような不正なお金は一切もらっていないと、いうことを最後まで主張しておったと思いますし、今言ったようにいわゆる報告書の形式的なミスの責任を問われているわけでございますので、そういう意味におきましては、私はいずれにしても、中身の程度の差はあるとはいえ、代表者としてのこのように不始末をしたことにつきましては、責任を感じております」

――自らの進退についてはどう考えるか。

 「ですから、中身の問題がそういうことでありまして、私が今、代表から指名して頂いている幹事長の職責を返上しなければならないという風には考えておりません。いずれ、代表にお会いする機会があると思いますんで」

 ――一連の事件で民主党への信頼が損なわれたが、信頼回復にどう努めるのか。

 「昨年の時も同じでした。私は全国民のみなさんに可能な限り、色んな機会を通じて、お話をしていきたいと思いますし、特に去年もそうでしたが、3、4月という時期でありました。選挙の前でした。今度も7月の選挙ということでございます。私はその意味におきまして、与えられた職責、国会の予算を早く早期に成立させ、国民生活を安定させるという、国会の責任と、それから参院の選挙に国民の支持を得ると。過半数目指して最善を尽くすと。そういう自分の任務に一生懸命全力で努力をしながら、国民のみなさんの信を取り戻すべく頑張りたいと思います」

 ――党大会で検察との全面対決を宣言したが、この戦いに勝利したと考えるか。

 「勝利とか敗北とかという問題ではなくて、私は、以前からずっと申し上げてきた通り、あなた方の報道の中では水谷建設から不正なカネをもらって、土地購入の資金に充てたとか、あるいは他の会社からもゼネコンからも金をもらった、不正な金をもらったとか、いう報道が、ずっと続いたもんですから、私はそんなことは一切ない。こういうような言い方については断固、自分としては承服できないという意味で、それを強く主張して参ったということでございまして、検察当局が公平公正な捜査をやった結果だということは、それをそのまま受け止めていきたいと思っております」

朝日新聞



昨年の総選挙前から果てしなく続いた小沢疑獄騒動も、遂に完結。

凄まじい検察リークをマスコミはひたすら垂れ流し続け、その結果は不正な金のやり取りも発見されずに政治資金規正法違反という書類の記載ミスという微罪で元秘書を立件にとどまった。

西松建設や水谷建設から金の入った紙袋を受け取った云々の報道が繰り返されたが、まあ結局は全て検察が作ったシナリオだったという事。東京地検の作り話にひたすら振り回された約一年だった。

「世論を正す会」とか、まあ看板の後ろにはどうせ自民党がいたんだろうけど、まあこれが検察の正義という事か。


ちなみに東京地検には総選挙後に自民党が公金である官房機密費、二億五千万円を使い込んだ事を大阪の市民団体が告発しているのだが、これはやる気がないらしい。

国民の税金、二億五千万円を使い込んだ自民党は捜査をせずに無罪という事ですか。全く公正な捜査ですな。


検察も他にやることがあるだろうし、民主党にはもっとやってもらわなければならない事がたくさんある。
もう疑獄騒動は、いい加減にしろ。

↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by Mr_F | 2010-02-05 00:26 | ニュース

つぶやいて募金

月明かりで手術、ベルトで止血――ハイチ派遣の米医師

月明かりだけを頼りに、野外で執刀する手術。最低限の器具さえそろわず、医師のベルトが止血帯に使われる。――米ボストン医療センターから大地震の被災地ハイチへ派遣されている医師が、現場の実情を語った。

ロベルト・フェリス医師は地震発生の翌週、同僚の医師1人とともに現地入りし、米マイアミ大のチームが設営したテント内での医療活動に加わった。最先端の技術を駆使することはおろか、単純な血液検査さえできない状況に、大きな衝撃を受けたという。

フェリス医師らが最初に遭遇した死亡患者は、重傷の少年だった。足を切断しなければ、感染症を起こしたり、壊死した筋肉から放出される物質で腎不全を起こしたりして死に至る恐れがあり、一刻を争う容体だった。チームのテントには当初、手術室の設備がなく、医師らは何時間もかけて手術の可能な病院を探した。

搬送先が見つからないと悟り、医師らはその夜、野外での切断手術に踏み切った。意識不明の少年は痛みさえ感じる様子がなく、麻酔の必要はなかった。努力のかいなく、手術中に少年が息を引き取った時には、涙を流す医師もいたという。

眠れないまま迎えた翌日の未明、チームは自分たちの手術室を設置しようと決意する。照明も人工呼吸器も、輸血用血液もない。装置が届くまで待つつもりだったが、見切り発進もやむを得ない、というのが、かれらの結論だった。

フェリス医師が「一番つらかった」と振り返るのは、16歳の少年のケースだ。やはり切断手術が必要と診断されたが、外科医は「手術前に腎臓が機能していることを確認すべきだ」と主張。通常なら血液検査で分かるが、ここでは尿が出るかどうかで判断するしかない。だが、水分を与えても利尿剤を投与してみても、尿は出なかった。医師らが確認を急いでいる間に、少年は力尽きた。「ここではすでにたくさんの死をみてきたが、あの時は特に後悔した」という。「ボストンの妻に『ひどい1日だった』とメールを送ったよ」

ボストンでのフェリス医師は、優秀な医師としてもてはやされていた。だがここでは、手術室の床を掃除したり、遺体を運んで街中を歩いたりもする。「いい気になっていた私も、帰国するころには謙虚な人間になっているはず。それが唯一の希望です」と、力を込めた。

CNN


私も阪神淡路大震災の間接的な被災者ですが、天災を前に如何に個人が無力化を考えさせられる。
我々が日常受けられる医療体制ならば死なない程度の事で、天災時は人が簡単に死んでしまう。

我々は小さく、無力だ。愚かで、どうしようもない。


どうしようもないからこそ、ちょっとだけ助け合おう。

「ハイチ地震緊急支援ツイッター募金」
http://www.dff.jp/twit_haiti/

↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by Mr_F | 2010-02-02 06:34 | ニュース

官僚の最後の抵抗か?

石川議員「不記載は故意」認める 小沢氏の指示は否定

 民主党・小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕された、衆院議員の石川知裕(ともひろ)容疑者(36)が東京地検特捜部の調べに対し、政治資金収支報告書に故意に虚偽の記載をしたことを認める供述をしたことが分かった。当初は「記載ミス」と説明していた。

 16日に接見した弁護士によると、石川議員は不記載の4億円について「小沢氏が父から相続して信託銀行に預けていた金で、バブルがはじけた後におろし、自宅に保管していた」と、ゼネコンからの資金提供を否定。不記載については「小沢氏の指示ではない」と話しているという。

 特捜部の調べによると、石川議員は陸山会の事務担当者として2004年分の収支報告書を作成。小沢氏が拠出した原資不明の資金4億円で東京都内の宅地を約3億5千万円で購入したが、収入も支出も記載しなかった疑いが持たれている。

 石川議員は昨年12月27日と今月13日、14日と3回にわたって任意の事情聴取を受けた後、15日夜に逮捕された。

 最初の2回の聴取では、不記載自体は認めたが、「記載ミス」と説明。石川議員側の関係者も取材に対し、「事務担当は大学を卒業したばかりの若者ばかりで、書き間違えたりすることはある」と弁明していた。

 しかし、逮捕前日の14日の聴取になって、ミスではなく故意に4億円の収入を記載しなかったことなど、容疑を認め、「いろいろ供述してしまった。こんなことを言えば小沢先生に申し訳なくて生きていけない」と話したという。

 一方、特捜部は4億円の原資の一部にダム工事をめぐるゼネコンからの裏金が含まれているとみて捜査している。

朝日新聞



総選挙の前から東京地検特捜部はひたすらに小沢一郎周辺を嗅ぎまわっているが、またしても選挙資金規制法違反という正直誰もがピンと来ない容疑で今度は現職の議員を逮捕した。

来週から国会が始まろうと言うときに、検察の言うところの正義がこれなのか。


やはり正義と言うやつは胡散臭い

国会開催中に議員が証拠隠滅やら逃亡など考えられないし、任意同行も素直に応じているのに逮捕が必要であるようには感じられない。

逮捕したと言う、その影響力が必要だと言う事だろう。

検察もまた役人集団だから、自民党時代が恋しいのだろう。

↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by Mr_F | 2010-01-16 18:12 | ニュース

人のふり見て

「あなたたちは宝」タイムカプセルからじいちゃんの手紙

 8年前に大分市の野津原東部小(当時は野津原町立東部小)を卒業した新成人が、校庭に埋めたタイムカプセルを掘り起こした。教科書や習字作品に交じり、子どもたちと親しくし、カプセルを作った佐藤昌史さん(享年75)からの未開封の手紙が入っていた。

 当時の6年生は22人。佐藤さんとの交流が始まったのは2001年10月だった。運動会への招待状を校区内のお年寄りに送ったら、体調の悪い佐藤さんから「行けなくてごめんね」と丁寧な返事が来た。後日、運動会のビデオテープを持って訪ね、リコーダー演奏などを披露した。

 佐藤さんは農業の傍ら、管工事業も営んでいた。カプセルは、子どもたちの希望を耳にして丈夫な樹脂で作った。それから2年余り。04年6月にがんで亡くなった。

 手紙は「成人式を心よりお祝い申し上げます」で始まり、「多くのことをばあさんと一緒に教えてもらい、言葉で表せないほどうれしかった」と感謝。「今日の晴れ姿を拝見し一緒に開封したかったが、病弱な私は思いもむなしくこの世にはいないと思います」とも書かれていた。この頃すでに佐藤さんはがんであることを告げられていた。

 カプセルを埋めたのは02年3月。「世界貿易ビルが爆破された思い出から8年。カプセル開封時の日本は、世界は、どういう状況でしょうか。世界平和と日本の発展のため、一人一人が絆(きずな)を大切にしながら頑張ってください。あなたたちは日本の宝です」

 成人の日を前に、9日の開封式に集まった卒業生は13人。佐藤さんからの思わぬメッセージに涙を流した。大学2年の三ケ尻宏太さん(20)は「じいちゃんがこの場にいないのが、本当に寂しい」。手紙を読み上げた当時担任教諭の水島陽子さん(44)は「いろんな人から愛情をもらいながら生きていることを忘れないで。つらいことがあったらこれを読み返してください」と語った。

 そばでじっと聞いていた佐藤さんの妻ミチ子さん(77)は「主人が生きていたらどんなに喜ぶか。手紙まで入っていたなんて、まるでじいちゃん自身のカプセルみたいだね」と話した。

朝日新聞




成人の日と言うと近年では羽目を外した新成人のお騒がせでニュースが埋まるのが恒例になってる。
そして既に成人を迎えたいいオトナたちが、「今時の若い者は…」と出来た大人のふりをして自分を慰める。

非常に恥ずかしいな。

羽目を外す事なんて誰にだってあるし、結局は他人の不幸は蜜の味って事。自分が出来た大人のふりをしても、他人の不幸を笑うと言う事は結局は心はクソガキのままだという裏返しだ。

誰だって他人の不幸は笑えるし、そうやって自分を慰めるものだ。それを否定はしない。
否定はしないが、それはこっそりとやる事だろう。恥ずかしい事なんだから。

今やそれを公然と行える日、それが成人の日となっている。



この前のアメトーーク新春ゴールデンスペシャル。俺達のゴールデンプロレスでZERO1社長のプロレスラー、大谷晋二郎が言ってたよ。


「一生懸命に大好きな事を頑張っている人は、絶対に人をいじめたりしない」

「僕らにはプロレスしかないから、プロレスでみんなにメッセージを送る事しか出来ないから、でもそのたった一つにプロレスを俺ら大の大人は一生懸命頑張ってるんだ。」

「お前らが大好きな物を一生懸命頑張れ。一生懸命頑張った奴は報われなきゃ嘘だ!」







人を笑う暇があったら自分を笑え。笑われてるのはお前の写し鏡だから。

何もやってないお前自身だから。

↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by Mr_F | 2010-01-11 03:26 | ニュース

皇帝にならなかった英雄

三国志・曹操の墓発見=副葬品に「魏武王」、遺骨も-中国河南省

 新華社電によると、中国河南省文物局は27日、北京で記者会見し、同省安陽県安豊郷西高穴村で発掘された後漢時代の墓が、三国志の英雄で魏の始祖、曹操(155~220年)の墓「高陵」と確認されたと発表した。矛や枕などの副葬品に「魏武王」の銘文があったことを最大の根拠とし、出土した男性の遺骨が60歳前後と推定され、歴史書に記載された享年と符合するという。

 曹操の墓については「うたぐり深い性格から、盗掘防止のため、72の偽の墓を造らせた」などのさまざまな伝説があり、中国メディアは「今回の発見で、千古の謎が解き明かされる」と伝えた。

 発掘された墓は前室と後室、四つの側室がある構造で、全体の面積は740平方メートル。墓室は20メートル四方で、墓道は全長40メートル、幅10メートル。最も深いところは地表から15メートル。

時事通信





曹操と言えば中国三国時代に治世の能臣、乱世の奸雄と呼ばれた英傑。そして三国志の中で唯一、皇帝にならなかった男。

劉備元徳は蜀漢王朝の初代皇帝となり、孫権仲謀は呉王朝の初代皇帝となった。しかし曹操孟徳は後漢王朝内での魏王に留まった。
息子である曹丕子桓が魏王朝の初代皇帝となり、父である曹操に武皇帝と言う謚号を贈る。

曹操は事実上、後漢王朝最期の皇帝であり中国の支配者だった。日本の戦国時代、事実上日本の支配者であった織田信長と同じに。
後漢王朝末期にどの程度、後漢王朝の影響力があったのかはよく判らないが、曹操が名目上とはいえ後漢を廃さずに存続させたのはそれだけ意味があったのだろうし、曹丕が後漢から王朝を禅譲された時に蜀漢が後漢王朝の後継として成立した事もそれだけ影響力があったと言う裏返しだろう。

そして魏王朝は蜀漢よりも呉よりも早く、わずか三代で滅びた。曹操の臣下であった司馬一族によって廃され晋王朝(西晋)が成立し、晋は蜀漢と呉を滅ぼし後漢後初の中国統一王朝となった。
が、この西晋も八王の乱という司馬一族の内乱でわずか四代で滅びる。


振り返ると曹操が事実上支配した後漢末期が最も安定した王朝だった。内乱もなく(と言うか曹操自身が後漢王朝最大の内乱主であった訳だが)、一族も臣下も曹操の下に結集していた。

曹操が死んだ途端、一族は殺し合いを始めて臣下は主を殺し、辺境国は王朝を名乗った。


皇帝になれなかったのか、ならなかったのか、それはともかくとして皇帝に最も相応しかったのは曹操であった事は間違いない。


↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by Mr_F | 2009-12-28 01:49 | ニュース

普天間基地と利権

普天間移転をこじれさせた歴代自民党政権と役人の大罪

2006年9月に何があった?

 普天間基地の移転問題で揺れる鳩山政権。大マスコミは「このままでは日米関係に亀裂」と大騒ぎだが、コトをここまでこじれさせた元凶は歴代自民党政権と役人にある。とくに怪しいのが2006年9月の動きだ。日本では小泉政権が安倍政権に代わり、防衛庁長官は額賀福志郎から久間章生に交代した。このとき、何が起こったのか。鳩山政権は全情報を公開させるべきである。

 今月11日、国会で超党派の議員が集まる「沖縄基地問題議員懇談会」(事務局長・川内博史衆院議員)が開かれた。
 講師に招かれたのは伊波洋一・宜野湾市長。防衛省や外務省の担当者も顔を揃えた。

 この会議で伊波氏は、米軍が普天間基地の海兵隊ヘリ部隊を、ほぼそっくりグアムに移転させる計画を持っていたことを示す証拠を出した。米海軍省グアム統合計画室が作った「グアムと北マリアナ諸島の軍移転」に関する環境影響評価書だ。文書は沖縄のジュゴンを守るために米国で起こされた裁判で出てきた資料で、全9巻8100ページに及ぶ膨大なもの。この中の第2巻と第3巻に沖縄の海兵隊移転の詳細が記述されていて、海兵隊の司令部だけでなく地上ヘリ部隊や迫撃砲隊、補給部隊に至るまで、大半をグアムに移転させる計画が出てくるのだ。

 沖縄の海兵隊のほとんどがグアムに行くのであれば、日本国内に普天間基地の代替施設を造る必要はない。基地問題は解決だ。
 しかも、海兵隊の“丸ごとグアム移転計画”は06年7月、米太平洋軍司令部が作成した「グアム統合軍事開発計画」の中にも出てくる。

「海兵隊航空部隊とともに(グアムに)移転してくる最大67機の回転翼機と9機の特別作戦機CV―22航空機用の格納庫や、離着陸用パッドなどを建設する」ことが明記されているのである。普天間に駐留する海兵隊の回転翼機は56機。全部移動させても、まだ、格納庫は余る。辺野古に滑走路なんて要らないのである。

●米国の“丸ごと”グアム移転計画をひた隠し

 ところが、この「開発計画」は2カ月後に国防総省のホームページにアップされたものの、たった1週間で削除されてしまう。

 そして、自民党政権はその後、「グアムに移転するのは司令部だけ」と言い出し、沖縄に残る実動部隊のために代替基地を造ることが“既成事実”であるかのような国会答弁を繰り返してきたのだ。
「その食い違いが今回、伊波市長が公開した資料でも明らかになったわけですが、問題はなぜ、国防総省がHPを削除したのか。この時期、日米で何らかの談合、合意があり、グアム移転の詳細を曖昧にする必要に迫られたからだと思います。日本政府はグアム移転の費用のうち、61億ドルを負担する。しかし、米軍はもっと基地を強化したい。日本の税金4000億円で代替基地を造り、思いやり予算までくれると言うのを断る必要もない。日本側は日本側で海上を埋め立て、新基地を造れば、利権になる。そのために移転の核心情報をひた隠しにし、辺野古移転をゴリ押ししてきたとしか思えません」(ジャーナリスト・横田一氏)

 国会で開かれた懇談会では民主党議員らが役人の説明と米国公開資料の食い違いを厳しく指摘。「どちらかがウソをついている。米国に再確認して回答を文書で出せ」と迫った。役人たちは「政務三役と相談して……」などと逃げようとし、「国会軽視だ」と激論になった。

 問題がここまでこじれた以上、洗いざらい情報を公開させて議論をしなければダメだ。

ゲンダイ

http://www.news24.jp/articles/2009/12/11/04149543.html#

 米軍普天間基地を抱える沖縄・宜野湾市の伊波洋一市長が、日テレNEWS24の番組「代表質問」に出演し、普天間基地移設問題について小西美穂キャスターの質問に答えた。伊波市長は、米軍側の資料を基に海兵隊のグアム移転計画を分析したうえで、「辺野古移設を普天間返還の前提とする考えはおかしい」などと主張した。

 番組のもようを全編ノーカット配信。

日テレ




難航する普天間基地移設問題。
辺野古基地との合同の県内移設や、グアム移転の国外移設など政府与党(民主党、社民党、国民新党)内での意見も別れ鳩山首相の決断力不足の要因ともなっている。

しかしどうも民主党側に、かつて自民党とアメリカ政府が合意に至ったグアムへの海兵隊完全移設とその移設中止の不思議な顛末が伝わっていない事が問題の発端になっているのではないか?


上記記事や伊波洋一宜野湾市市長の証言などを合わせ聞くと、そう考えるのが自然。


誰かが嘘をついているのだ。

海兵隊基地が国外へ、グアムに移転しても海兵隊の機動力があればその能力が落ちる事もないし、日本の国防上問題もない。本来海兵隊とはそういった能力を本質とした軍組織であるし、沖縄からグアムへ移っても48時間以内で即応できる。

海兵隊がグアムに移転しても国防上、日本に問題は生まれない。



ではどこに問題が生まれうるのか?


それをさかのぼって考えると、アメリカが軍を再編するに伴い沖縄の海兵隊をグアムと統合しようとした事を自民党がやめさせた事で説明がつく。

なぜ自民党がやめさせたのか?
そして、なぜアメリカはそれを受け入れたのか?


アメリカにしてみれば軍再編は緊縮財政に伴うものであるから、日本側から金まで出すというのなら移転する必要はない。
グアムへの司令部移転も日本が金を出すのなら、まあそれで問題はない。


自民党はなぜそうしたのか?

沖縄の産業は第3次産業(小売業、サービス業)がその殆どを占めアメリカ兵とその家族は必要不可欠。
これに依存し続ければ沖縄を開発せずとも、なんとか沖縄の産業は成り立つ。
またそういった産業からの利権も滞りない。

米軍の一部が沖縄から撤収すれば産業は落ち込み、沖縄開発をせざるを得なくなる。


在日米軍に依存し続ける事で成り立ってきた沖縄の産業。それが続く限り沖縄を開発する必要もなく、安定した利権を維持できた。
特に沖縄は旧社会党が勢力を保つ地域であり、自民党にすれば開発せずに現状維持が最もよい。



利権。それが沖縄の開発を停滞させ、基地問題を混乱させている。民主党と社民党はこれに切り込まなければならない。

↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
by Mr_F | 2009-12-19 19:11 | ニュース

君死にたまふこと勿れ

「君、国売りたまうことなかれ」 安倍元首相が小沢氏批判

 君、国売りたまうことなかれ-。自民党の安倍晋三元首相は16日付の自身のメールマガジンで、歌人、与謝野晶子の句をもじり、天皇陛下に関する民主党の小沢一郎幹事長の言動を激しく批判した。

 安倍氏は、陛下と中国の習近平副主席との特例会見を内閣の助言と承認に基づく「国事行為」だとして正当化した小沢氏の14日の記者会見について、「天皇の政治利用は、好きにやらしてもらうとの宣言といえる」と指摘。小沢氏が先の韓国訪問時に永住外国人への地方参政権付与を約束し、来年の陛下の訪韓にも言及した問題に対し、「君、国売りたまうことなかれ」と訴えた。

 さらに、小沢氏が特例会見のごり押し実現を批判した宮内庁の羽毛田信吾長官の辞任を求めていることを念頭に、「辞めるべきはあなたであり、鳩山由紀夫首相だ」と書いた。

産経新聞



「君死にたまふこと勿れ」とは。

此処に掲載の詩編は、名高い「君死にたまふこと勿れ」が明治三十七年(1904)九月「明星」初出。忠君愛国の日露戦争時代に果然反響を巻き起こしたが、毅然として退くことなかった晶子反戦の真意は、「あきびと=商人」の自立心とともに、今にして露堂々と受け取れる。

http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/

安倍晋三はどうせこの詩を読んだ事もなく、ただタイトルをもじって愛国駄洒落とでも洒落込んだのだろうけど、これほど日本文化を著しく貶める行為はないな。

血統は最高、人間として凡庸。そして政治家としてきわめて劣悪という最低の政治家である安倍晋三。


その血統だけで日本国総理大臣にまで登りつめ、その劣悪な政治家能力で自らその地位をかなぐり捨て逃亡した、日本国民全てに唾した最低最悪の政治家である事を今更ここに繰り返し書く必要性もないけど、まあ今は世捨て人として政界の隅っこにチョロチョロしているだけならまだいいとして、日本が世界に誇る女流歌人、与謝野晶子の名歌を貶めるような恥知らずな行為をやらかすとは、全くどこまで愚劣なんだろうか?

凡庸だけならまだしも、人間として愚劣

政治家どころか、人の親になる資格もない(子供がいないので一安心だが)。



人間として最低限の品位を持っていれば、この名歌を自分の劣悪な思想で犯そうなどとは考えない。


あゝをとうとよ戰ひに

君死にたまふこと勿れ

(旅順口包囲軍の中に在る弟を歎きて)

 

あゝをとうとよ君を泣く

君死にたまふことなかれ

末に生れし君なれば

親のなさけはまさりしも

親は刃(やいば)をにぎらせて

人を殺せとをしへしや

人を殺して死ねよとて

二十四までをそだてしや

 

堺(さかひ)の街のあきびとの

舊家(きうか)をほこるあるじにて

親の名を継ぐ君なれば

君死にたまふことなかれ

旅順の城はほろぶとも

ほろびずとても何事か

君知るべきやあきびとの

家のおきてに無かりけり

 

君死にたまふことなかれ

すめらみことは戦ひに

おほみづからは出でまさね

かたみに人の血を流し

獣(けもの)の道に死ねよとは

死ぬるを人のほまれとは

大みこゝろの深ければ

もとよりいかで思(おぼ)されむ

 

あゝをとうとよ戦ひに

君死にたまふことなかれ

すぎにし秋を父ぎみに

おくれたまへる母ぎみは

なげきの中にいたましく

わが子を召され家を守(も)り

安(やす)しと聞ける大御代も

母のしら髪(が)はまさりけり

 

暖簾(のれん)のかげに伏して泣く

あえかにわかき新妻(にひづま)を

君わするるや思へるや

十月(とつき)も添はでわかれたる

少女(をとめ)ごころを思ひみよ

この世ひとりの君ならで

あゝまた誰をたのむべき

君死にたまふことなかれ


與謝野 晶子

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2009-12-16 20:15 | ニュース
2009年12月14日の小沢幹事長、党本部で定例記者会見より抜粋

 【憲法改正】

 ――憲法改正について聞きたい。

 「ん?」

 ――憲法改正。来年、国民投票法が施行される。節目にどう対応するか。

「党としていま憲法改正をすべきだとかすべきでないとか、そういう議論と結論を出しているわけではありません。
私個人の意見は、もう、マスコミがなんかものすごく、こう、なんちゅうかなあ、憲法の話になると、大きく取り上げて、どうだこうだという議論をされますけれども、私はこの、前からずっと前から言ってますから、君も先輩にでも聞いて調べてから言ってほしいんだが、私が憲法というのは、国民の生活を守り、よりよい国、社会を作るために、みんなで約束したルールだと。
そして、それはあらゆる法規の中で最高の原則と基本を書いたものだと。

ですから、みんなの、本来のいい国を作る、いい社会を作る、そのためのルールですから、時代が変わって、いやあ、この規定はこう直した方が、国民のためにはいいんじゃないか、というようなことなら直せばいい。他の国だって、憲法、しょっちゅうとは言わないけれども、改正ということは、ままあるでしょうか。

だから憲法について、あのう、金科玉条のように、なんか天から神様から授かったかのような考え方は、これはまさに戦前の憲法観と同じだ。うん。だから、そうじゃなくて、私たちの憲法なんだという考えを君らもとらないとダメなんだ。私たちが作った、私たちの約束なんだ、というのが憲法なんだ。
だから内閣も、私たちが選んで、私たちが作った内閣なんだという意識に立たないと、もう、まだまだマスコミはもう、御上崇拝の理念が抜けきれない。頭が。
そこを意識転換しないと、我々の言っている主張が、たぶんあんまり理解できなくなっちゃう。

だから憲法も、みんなが、みんなのために、ここ変えた方がいいなあ、と思うところがあれば変えればいいんで、そんなに、わあわあするような話ではないっちゅうのが、私の最初からの持論です」

朝日新聞




30日ルールとかよく判らない官僚の作った決まり事がどうかより、こちらの方が重要ではないのか?

私は現行憲法を現時点で改正する必要はないと思うし、また先の政権与党であった自民党のように国民を無視し勝手に憲法草案を作って憲法を変えようなどとする事は憲法の理念から大きく離れた越権行為であり、許されないと認識しています。

第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。


憲法を改正するか、その必要はないかといった議論は主権者たる国民にのみ許された権限であり、それ以外の誰かがどうこう言うべきものではない。


日本人は政権交代したのだから、自分たちが主権者であるという事をもう一度考えなければならない。

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2009-12-15 04:18 | ニュース

矛盾は矛盾しか生まない

児童ポルノ「所持も禁止を」
「国際エクパット」事務局長のマドリナンさん

 児童ポルノなど子どもの性的虐待の問題に取り組むNGO「国際エクパット(ECPAT)」の事務局長、カルメン・マドリナンさんがこのほど来日し、東京でセミナーを行った。

 インターネットの普及やグローバル化で問題は深刻化しており、子どもを守る法の強化が必要と指摘した。

 国際エクパット(本部・バンコク)は世界各地に拠点を持つ国際ネットワークで、児童買春などに反対する活動をいち早く始めた。児童保護の教育プログラムの専門家でもあるマドリナンさんは、警察庁のセミナーに続き、11月26日に国会内で開かれた与野党議員との会合に参加。児童ポルノの深刻な状況を報告した。

 それによると、子どもの性的虐待の場面を写した児童ポルノ画像はネット上で増えており、〈1〉毎日約200の新しい画像が流布している〈2〉国際刑事警察機構が集めたネット上の画像で被害児童数は1万~10万人、その8割が6~12歳と推定される〈3〉より暴力的でより幼い子の画像が増える傾向がある――という。

 また、英米加豪などの捜査機関が情報を分析した結果、ポルノ所持で逮捕された者の40%が子どもへの犯行を実行、15%が計画したことが明らかになったという。

 「見る行為と犯罪の関連性がわかってきた。麻薬や銃と同様に、反社会的な使い方をされる危険性がある物は所持から禁止する必要がある。製造や流布の禁止だけでは十分ではない」とマドリナンさんは言う。

 「表現の自由」の侵害が懸念されている点では、「多くの国で議論になったが、児童ポルノは重大な犯罪であり、まず子どもを守るのだと合意したうえで、各国とも両者のバランスをとる努力をしている」と紹介。「アニメやゲームなどの性的表現も『子どもを性的満足の道具にしている』という観点から、多くの国が処罰化を進めている」とし、日本での議論を促した。

 セミナーに出席した国会議員からは「日本でも所持を禁止する法改正を急ぎたい」(民主党の小宮山洋子衆院議員)との発言があった。

読売新聞




例えば世界のどこでも刑法によって殺人は禁じられているわけですが、殺人事件が一件も起きない国はないと断言できます。
だからといって殺人を刑法で禁じなくていい訳ではありませんが、刑法は人の行動を縛るわけではなくて、その行動による結果を罰するって事だと私は解釈してます(詳しい法律的な事は知りませんけど)。

で、まあこの児童ポルノの単純所持を罰したり漫画やアニメを見る事(作る事も含め)を罰すると言うのは、子供を守るために人が考える事を罰するという事ですね。


子供が被害にあってからでは遅すぎる!


なるほど、確かにそれは説得力がある言葉です。
であるならば、人が殺されてからは遅すぎる!んですから、殺人こそ真っ先にすべてを禁じるべきなんじゃないのかしら?

殺人を描写した全ての文学、絵画、芸術、その他全て所持する事も思考する事も禁じなければなりません。


でもそんな事を大真面目に言い出して国連に嘆願したら、まともに聞いてくれますか?

ああ、この人って可哀想な人なんだねと呆れた目で見られて村八分にされるか、最悪、窓に鉄格子がついた病院に治療のために入院させられるでしょう。



論点がずれてる。論点がずれてる事を仮に本当に法整備したとして、論点がずれてるからまともに機能しないんですよ。

児童ポルノの単純所持を禁止した国家で、本当に子供に対する性犯罪がなくなったのか?


なくなった実例を出してくれないと、失敗した例を出されてもそれを飲む事など出来ないのですよ。


↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2009-12-05 16:21 | ニュース