民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

歴史は繰り返す

ガザ空爆4日目、イスラエル軍は地上侵攻も準備

イスラエル側は爆撃中止を呼び掛ける世界各地からの求めを拒絶し、戦闘は数週間続く可能性もあると警告。また、イスラム原理主義勢力ハマス(Hamas)の拠点などに対する爆撃を続け、境界線周辺に戦車を結集させている。

これまでにイスラエルの空爆によるパレスチナ側の死者は少なくとも363人に達しているが、ハマスの戦闘部隊はイスラエル領内深くにロケット弾を撃ち込むなど反撃を続けている。

子どもたちがまたも、イスラエルの言う「ハマスとの全面戦争」の犠牲となった。ガザ地区北部のベイト・ハヌン(Beit Hanun)では、ロバの引いていた荷車が砲撃され、11歳の少女と妹の2人が死亡した。

ガザ市(Gaza City)内では、ハマスの関連施設や訓練キャンプ、ミサイル発射拠点など40か所が集中していた地域に対するイスラエルの徹底的な空爆から一夜明け、がれきの中で物を拾う住民の姿が見られた。

国連(UN)の潘基文(パン・キムン、Ban Ki-moon)事務総長が「受容しがたい」暴力の停止を繰り返し強く求め、イスラム世界では激しい怒りが爆発し、世界の多くの国でも抗議行動が起こる中、イスラエルは停戦を求める声をすべて払いのけている。

イスラエルとガザとの境界線周辺にはイスラエル軍の戦車と兵士らが集結している。イスラエル軍は長期戦となれば、歩兵隊の合流準備も完了していると明らかにした。今回の攻撃はガザに対する近年最悪のものの一つになっている。

イスラエルのエフド・オルメルト(Ehud Olmert)首相は、これまでの爆撃は「安全保障閣議で承認された数段階のうちの最初の段階だ」と語った。一方、Matan Vilnai国防次官は、攻撃は数週間継続される可能性もあると述べた。

AFP





イスラエルは入植者であるユダヤ人の手により、かつての住人であったパレスチナ人はパレスチナ居住区を分断する分離壁と呼ばれる巨大な壁によって塞がれた地区に半ば強制的に収容される。

この地区は年々狭まり、130万人ほどのパレスチナ人がライフラインを遮断され、交通なども規制され、イスラエル軍の攻撃により逃げる事も出来ずに一方的に虐殺されている。


ここで昔話を一つ。



第二次大戦前、ナチスドイツはドイツ国内とその占領地でゲットーと呼ばれる隔離地区を作り、ユダヤ人や他の劣等民族や不穏分子を強制的に移住させた。
これをホロコーストといい、多くのユダヤ人は隔離されたゲットーで死ぬか、さらに絶滅収容所(アウシュビッツ)に移されガス室で殺された。



歴史は繰り返す。

かつての被害者が、今は加害者だ。


そんな大晦日。来年も良い年に、なりそうにない。

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2008-12-31 04:10 | ニュース

クリスマス



メリークリスマス。

衣食住に困らないだけで、人間は幸せなんだと思う。

衣食住、そして命の危機もある人が世界にたくさんいて、神なんてものがこの世に存在しない事は誰でもが判っていて、神の子が産まれた事を祝う。


神は我々が思うよりも非力なのか、または無慈悲なのか、それとも人は助けられるに値しないだけのか。

神がいやがるのなら、やる事やってから年を越せと天に唾を吐く。


神などに頼らないし、人は人が助ければいい。人が優しくなれば世界は幸せ。

誰も優しくなければ、世界は不幸せ。


そんな我々の、メリークリスマス。


↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2008-12-25 00:04 | 雑記

冒険

リヤカー引いて5大陸踏破に挑戦「歩いて見える風景を」


5大陸をリヤカーを引きながら徒歩で旅する冒険に、鳥取市の吉田正仁さん(27)が挑む。

 27日に出発し、まずユーラシア、アフリカ両大陸計約2万キロを3年半かけて踏破。サハラ砂漠も歩き通す予定の吉田さんは「歩くスピードだからこそ見える風景があり、出会える人々がいるはず」と期待を込める。

 吉田さんは大学時代、50か国以上をバスや鉄道で旅するうち、「誰でも出来る旅ではなく自分の脚で世界を歩きたい」という思いが募った。リヤカーを引いて世界を旅し、植村直己冒険賞を受けた永瀬忠志さん(52)(大阪市)にも触発されたという。

 会社に勤めて約400万円の資金をため、毎週末に30~40キロ歩くトレーニングを続けた。リヤカーやテントなどの資材は、アウトドア用品メーカーなどから提供を受けた。

 計画では中国・上海から中央アジアを通ってユーラシア大陸西端のロカ岬(ポルトガル)に到達。アフリカ大陸に渡ってサハラ砂漠を横断し、ゴールのリヤド(サウジアラビア)には2012年4月の到着を目指す。南北アメリカとオーストラリアの3大陸踏破はその後検討するという。

 広島、長崎両市の「平和宣言」を持参してサウジアラビアに届けるなど、旅を通じて平和のメッセージを発信したいという吉田さんは「粘り強く着実に歩きたい」と話している。旅先の写真や日記はネット上のブログ(http://alkinist.blog111.fc2.com/)で公開する。

読売新聞



>リヤカーを引いて世界を旅し、植村直己冒険賞を受けた永瀬忠志さん(52)(大阪市)にも触発されたという。

皆さんは冒険家の永瀬忠志さんをご存知でしょうか?


[筆者が語るツボ]…永瀬忠志著「リヤカーマンアンデスを越える」

 昨年、南米チリを出発しアタカマ砂漠を横断、アンデス山脈を越える1000キロの旅に成功した。「リヤカーマン アンデスを越える」(日本経済新聞出版社、1575円)には、その過酷な日々がリアルに記録されている。「こんなとこ来なきゃよかったと思いましたよ」逆境上等、百戦錬磨の冒険家に弱音を吐かせた永瀬版「世界最悪の旅」とは…。

 柔らかい物腰。世界の辺境を制覇してきた歴戦の冒険家といった風情は感じられない。だが、出てくる言葉はとにかく熱かった。

 「安全なところって楽しくない。先が見えちゃうんです。危険なところって、先が見えずに不安になる。でも思わぬものに出会ったり、思わぬことが起きると『やっぱり来て良かった』と思うんです」

 19歳の時、徒歩で日本を縦断して以来、旅にとりつかれている。アフリカ大陸、サハラ砂漠、ゴビ砂漠、アマゾンなどを一人で踏破。その総距離は世界27か国で4万5000キロに及ぶ。しかし、永瀬さんの旅を比類のないものにしているのはリヤカー「田吾作」の存在だ。重量は200キロ超。一歩一歩リヤカーを引いて歩く姿から、いつしか「リヤカーマン」と呼ばれるようになった。

 「人がいない自然の中を行くにはリヤカーが必要。たくさん荷物を運べる安心感がある。リズムを取りながら一緒になって歩く。もう体の一部になっています」

 今回は35日間かけて太平洋岸のチリの港町からアタカマ砂漠を横断し、標高5000メートルに及ぶアンデス山脈を越えた。その道程は、これまでにない過酷を極めたものになったという。

 干上がった塩の湖・アタカマ塩湖は、一面に10~30センチの塩の塊が広がるデコボコ道。気温50度を超える炎天下、リヤカーの車輪の下に板を敷き直しながら歩いた。進めない時はハンマーで塩の塊を砕いた。時間がかかるあまり、水が底をつきかけたこともある。

 アンデス山脈の道中では高山病に。寝ている時に気分が悪くなり、テントを開け何度も吐いた。昼間は30~50歩ほど歩き1度休憩を入れ、息を整える。その間にも、吐き気は襲ってくる。1日に1キロしか進めなかったこともあった。「もう駄目だ」と思う時に、思い浮かぶのが家族の姿だ。

 「母親が『大丈夫だから、見てるからね』と語りかけてくる。子供が道の前に立っているような気がする。『お父さんが来た』と走って駆け寄ってくるんです」

 幻覚を見るような苦しい旅。しかし、そこには大自然が広がり、現地の人との温かい触れあいがある。薄緑のきれいな水をたたえた湖にピンクのフラミンゴが降り立つ。それは「夢の世界、幻想の世界」。そして最大の楽しみは「お風呂上がりの一杯のような感じ」で、日が暮れるころに飲む缶ビールだ。

 「途中でやめていたら、今はなかったなあという時がある。人との出会いであったり、アンデスのようなきれいな自然を見たりすると『よーしまた歩いていくぞ』となる。やめたい帰りたいと思っている時間が99%だとすると、来てよかったなあと思うのは1%。でも、その1%が大きいんです」

 ◆永瀬 忠志(ながせ・ただし)1956年2月15日、島根県生まれ。51歳。78年、大阪産業大工学部卒。大学生だった75年に日本縦断。78~79年、オーストラリア大陸横断。89~90年、アフリカ大陸横断。98年、モンゴル・ゴビ砂漠縦断。2000年、中国ウイグル自治区・タクラマカン砂漠縦断。03~04年、南米大陸縦断。06年、アマゾン縦断。05年に植村直己冒険賞を受賞。著書に「リヤカーマン―地球一周4万キロを歩いた男」など。家族は妻(47)、長男(10)、二男(5)。

報知新聞

http://www.kyowa-ltd.co.jp/event/nagase/index.html

植村直己冒険賞 受賞の永瀬忠志さん来社

冒険家 永瀬忠志さんミリオンタイヤを永年に渡りご愛用され偉業を成し遂げられました。
リヤカーを引いて世界各地を自らの足で踏破され、その距離が地球一周分(4万3千km)に達し植村直己冒険賞を受賞されました!

ミリオンタイヤの永年のご使用に感謝するとともに、偉業を称えようと3月22日当社 本社ビルにおいて感謝状の授与を行いました。

リヤカーおじさん「永瀬 忠志さん」が来社されました。表彰式の前にいろいろとインタビューさせて頂きました。

-田吾作号の由来

最初に中古のリヤカーを買った時、大学の同級生が「いなかっぺ大将(原作 川崎のぼる氏)と云う漫画が好きで、よく読んでいたんです。その漫画の主人公 風大左エ門に親近感を持ちリヤカーの名前を「大左エ門」という名前にしました。
次に世界を歩く時にリヤカーを購入し、大左エ門と兄弟っぽいなと思い「田吾作」という名前にしました。次にリヤカーを購入した時に名前を考えたのですが、いい名前が思い浮かばず「田吾作2号」となり、「田吾作3号」と続いています。

-日本に帰って来て、最初に何が食べたいと思われましたか?

その時、その時いろいろとあるのですが、豆腐、冷奴です。あげれば、いくつか寿司・・カツ丼・・お好み焼きとかありましたね。

 -どこの国が印象に残っていますか?

国というか、サハラ砂漠ですね。自然の中で一人星空に包まれている時が印象に残っています。

 -身の危険など感じた事はありませんか?

身の危険より、食料や水がなくなっていく方が不安でした。

-奥さんは毎回どのような言葉をかけて送り出してくれるんですか?

「ぼちぼち、どこか行けるんじゃないの?」と言われ、家内の機嫌のいい時に旅の話をします。
でも、自分が行きたい時に理解して送り出してくれます。

 -ミリオンタイヤについて

地道や舗装した道、泥道などいろいろありましたが、一本のタイヤで九千キロぐらいもちました。
一度だけ違うタイヤを使いましたが二千キロぐらいでダメになりました。

表彰式の様子

永年にわたり、リヤカーを提供されていた大成車輌株式会社さんにも感謝状の贈呈がされました。

◆永瀬さんから一言◆

旅を始めましてから30年ばかり過ぎました。
19才の時に初めて歩いて日本縦断しようと計画したんですが、その時に荷物が重かったものですから北海道で農家のおじさんからリアカーを買いました。それから世界を見てみたいなぁと思うようになりまして、ゆっくりゆっくり旅は進んでいきます。

リアカーに荷物を乗せて歩いておりますと、いろんな人が声をかけてくれる。人との出会い。世界の見た事のない風景を見たり会った事のない人や文化にふれてみたい!荷物をリアカーにつんで歩きたい!「田吾作大丈夫か?」と声をかけながら旅を続けました。

リアカーとともに、ミリオンタイヤとともに旅を続けさせていただきました。みなさんの会社に初めてお伺いし、みなさんの会社で作ってるタイヤなんだなぁ、と思うとああ、あのタイヤの故郷だったんだなぁ。と思うと愛着がわいてきました。旅の途中ではみなさんのタイヤにはお世話になりました。私の方からもみなさんに感謝したいと思います。

◆編集後記◆

今後も旅は続けていかれるそうです。冒険の話をされている時は本当に笑顔でいろんな国で出会った人との触れあいや動物の話などお伺いしました。「ミリオンタイヤの故郷はここだったんだなぁ」と言う一言がとても印象に残っています。永年の使用に感謝するとともに、これからも永瀬さんの壮大な夢が続く事を応援したいと思います。

 永瀬忠志さんプロフィール

1956年、島根県に生まれる。大阪産業大学卒業後、教師になる。
大学在学中に自転車で日本一周、徒歩で日本横断。
卒業後にはオーストラリア大陸をリヤカー「田吾作号」を引いて徒歩横断。
さらに同じくリヤカーを引いてアフリカ大陸赤道地帯徒歩横断など 世界各地を踏破する。
距離は、4万3千kmに到達し、ちょうど地球一周分(赤道距離)を 超える距離となる。
2005「植村直己冒険賞」受賞。

著書
「田吾作号の冒険(立風書房1982年5月刊)」
「田吾作、アフリカを行く(立風書房1986年4月刊)」
「リヤカーマン アフリカを行く(学研研究社1991年9月刊)」
「サハラてくてく記(山と渓谷社1994年10月刊)」
「アジアてくてく記(山と渓谷社1998年9月刊)」
「リヤカーマン(スタジオワープ2005年5月刊)」

株式会社共和HPより



「人はいずれ、歩けなくなる日が必ず来る。

私はその日まで、この足で歩いていたい。」


冒険家、永瀬忠志さんの言葉で最も印象に残っている。


見たことのない場所を、歩いてこの目で見てみたい。それがリヤカーを牽いて冒険をするようになったきっかけだそうだ。

「そこに山があるから。(Because it is there.)」

とは人類初のチョモランマ(エベレスト)制覇を目指した冒険家ジョージ・マロリーが新聞記者のしつこい質問に答えた言葉だが、ジョージ・マロリーは生還する事はなく、チョモランマ登頂へのアタックで行方不明となり、未だ登頂が成功したかは不明である。
(遺体は1999年にチョモランマの標高8160m付近で発見されたが、登頂途中なのか登頂帰路なのか不明であり、登頂の成否は確認できないまま。)



その足で歩いて、その足で歩いて還る。

それが冒険であり、それが人生だ。


↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2008-12-20 20:19 | ニュース

靴ぐらい


全く、靴の一つや二つぶつけてやればいいんですよ!

退任前にイラクを電撃訪問したブッシュ大統領に向かって、イラク人記者ムンタゼル・ザイディは「犬め!」と叫び履いていた靴を投げた。

残念ながら、本当に残念ながら、ブッシュは華麗にこの二つの靴を避けてしまったが、報道やネット上で共感は高まり、イラクでは同記者は英雄扱いされているそうな。


イラク戦争といえば「カーブボール」というコードネームを持つ亡命イラク人の意図的に誤った情報を鵜呑みにしたブッシュ政権がイラクは大量破壊兵器を隠し持つならず者国家として国連を無視してアメリカ有志連合(日本も参加)による多国籍軍でもってイラクを一方的に侵攻。

しかし肝心の大量破壊兵器は存在せず、大義名分もなく石油利権を奪う為だけの戦争であった事が暴露される事となり、世界的非難を受ける。

現時点でイラク国民の十万人以上(イラク側では百万人とも)が殺害されるという未曾有の戦争被害を今も量産し、しかもアメリカ側に対策もなくオバマ新政権は一方的にイラクから撤退をする事で収束を図ろうとしている歴史的愚作。

日本も自衛隊を戦後初めて戦場に派遣し、後方支援という軍事活動を行なった事で歴史的汚点を残している。



アメリカの犬こと小泉“売国奴”元総理は、

「フセインが何処にいるかも判らない(フセイン元大統領逃亡時)んだから、大量破壊兵器が絶対にないとは誰にも言い切れない」

との珍言を残した。


おーい、誰か小泉元総理にもを投げてやってくれ!


↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2008-12-16 21:54 | ニュース
税制改正大綱:与党が決定 減税一色、規模は1兆円超に

自民、公明両党は12日、09年度与党税制改正大綱を決定した。

景気悪化に対応し「内需刺激のため、大胆かつ柔軟な減税措置を講じる」として、過去最大規模の住宅ローン減税など大型減税一色の内容となった。
その結果、減税規模は国・地方を合わせて平年度約1兆700億円(09年度は5900億円)に膨らんだ。

一方、政府が年内に策定する税制改正の「中期プログラム」の核となる税制抜本改革については「経済状況の好転後に速やかに実施する」としただけで、焦点だった消費税引き上げ時期や幅は示さず、景気最優先のバラマキ型の大綱となった。

政府は大綱をベースに年明けの通常国会に税制改正関連法案を提出する。
3年連続で減税型の税制改正大綱となったが、たばこ税引き上げも見送られたため、減税規模は08年度大綱の60億円から大幅に拡大した。

大綱は政府が10月末の追加経済対策に盛り込んだ政策減税を具体化。
住宅ローン減税は最大減税額を600万円に拡大、1000万円以下の土地譲渡益課税を非課税にする制度の創設など不動産市場の活性化策も盛り込んだ。
低迷する国内自動車市場のてこ入れでは、ハイブリッド車など「低公害車」について、新車購入時や車検時に自動車重量税、自動車取得税を100~50%軽減する制度を3年間の時限措置で実施する。

政府・与党が中期プログラムに盛り込む税制抜本改革について、大綱は与党内の反発に配慮し「2010年代半ばまでに持続可能な財政構造を確立する」と幅のある表現にとどめた。政府は来週にも中期プログラムを決定するが、麻生首相が目指す「3年後の消費税引き上げ」が盛り込まれるかどうかは微妙だ。

毎日新聞




財政再建よりも景気対策が優先と公言している麻生太郎ですが、定額給付金の次には減税と来ました。

景気対策として減税は、確かに必要。

必要だけど、これだけでは意味がない


今の日本は底がないバケツ。そこに水を溜めようとしても、溜まるはずがない。

減税する事により国民の消費を活性化させる、それが景気対策な訳ですが、国民は収入が全体的に減っているのですよ。

景気対策とは即ち、国民の収入を増やさないと始まりません。


某府知事もそうですが、歳出を削減するなんて事は馬鹿でも出来るんです。減税も同じです。

そこからが、本当にやるべき事。

減税してばら撒きする。それは結局税金の無駄遣いで、巡り巡ってやはり国民が損をします

税金払ってるのは麻生太郎じゃない(彼も払ってますけどね)。国民なんですよ。



国民が安心して税金を払う。そのためには安定した収入。収入が増えれば税金も払うし、消費もしますよ。

今政治が行なうべきは、増税されていない高額所得者からの思い切った大増税。そして大企業には法人税以外にも環境税等の別の税負担。

平均以下の所得者からは減税。そして、儲けてる奴らからは率先して税金を回収する。それが当たり前の事なのに、ちまちま減税したところで国民の収入は増えませんよ!


バケツに水を溜めるには、まずバケツの底を直す所からはじめます。それから水を入れる。


順番を間違えてたら、いつまでも水は溜まりませんね。

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2008-12-13 01:47 | ニュース

John Winston Ono Lennon

1980年12月8日の夜、自宅前で自称ビートルズの熱狂的ファン、チャップマンから五発の銃弾を受けたジョン・レノンは駆けつけた警官によりルーズベルト病院に搬送された。

失血性ショックによりジョン・レノンが亡くなったその時、病院のスピーカーからはビートルズのAll My Lovingが流れていたという。





ジョン・レノンが今生きていたら、変わらない世界に対して諦めずに唄い続けていたと思う。

当たり前の事を当たり前のままに、



誰に笑われようとも世界を信じて、


どんなに絶望していようとも、



我々の未来は明るい。






もし我々が空想家のようだと言われるのならば、

救い難い理想主義者と言われるのならば、

出来もしないことを考えていると言われるのならば、

何千回でも答えよう、

『その通りだ!』と。



チェ・ゲバラのこの言葉は、ジョン・レノンにも良く似合う。





↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2008-12-08 22:52 | 雑記
【幸満ちゃん事件】プリキュア、聖闘士星矢、ブリーチ…容疑者自室に子供向け漫画、犯罪性は見当たらず

勝木諒容疑者の自室は「聖闘士星矢」の単行本やポケモンや戦隊もののグッズで埋め尽くされていた一方、今回のような特異な犯罪の誘発をうかがわせるソフト類はなかったことが7日、東金署捜査本部の調べで分かった。容疑者がよく利用していた自宅近くのレンタルビデオ店で借りていたソフトも特撮ものや洋画のヒット作などだった。

捜査本部は前日に続いて7日も勝木容疑者の自宅を捜索。「勝木容疑者の自室の壁一面は漫画で埋め尽くされていた」(捜査幹部)という。

捜査本部によると、美少女の主人公が活躍する「プリキュア」のほか、1980年代にヒットした「聖闘士星矢」や死に神高校生の活躍を描いた人気漫画、「ブリーチ」の単行本が並べられていた。

特にジャンルに分けられることもなく、床に雑然と置かれたものもあった。その中には、「ポケットモンスター」や「プリキュア」の塗り絵のほか、特撮戦隊ヒーローの下敷きやDVDなどがあった。

児童を対象にしたアダルト物や猟奇的作品はなかったといい、何が犯行の背景にあるのか、捜査本部は幅広い調べを進める。

幸満ちゃんが遺棄された現場近くのレンタルビデオ店では、店を利用する勝木容疑者が頻繁に見かけられていた。同店によると、好んで借りたのは、自室にもあった「聖闘士星矢」や「ポケットモンスター」シリーズのほか、「名探偵コナン」などのアニメ、「ゴジラ」や「仮面ライダー」など特撮もの。そのほか、「ハリー・ポッター」「ラスト・サムライ」など、ヒットした洋画も頻繁にレンタル。時代劇や仁侠(にんきよう)物を見るときもあった。CDを借りることも多く、コナンのテーマ曲集に加え、「モーニング娘。」や嵐などをレンタルしていたという。

「多いときは1日置きに5、6本借りていた」(店員)が、一昨年夏から姿を見せなくなり、同店を「自然退会」となったという。

容疑者が事件前まで勤めたふとん製造工場の工場長(54)によると、容疑者は「演歌を自分で選曲して好んで歌っていた」といい、履歴書の趣味に「音楽鑑賞、読書、カラオケ」と書いていた。

産経新聞





この手の事件が起きればまず、なんでもアダルト作品のせいにするマスコミの筆頭といえば産経新聞でありますが、流石だわ!


>児童を対象にしたアダルト物や猟奇的作品はなかったといい、何が犯行の背景にあるのか、捜査本部は幅広い調べを進める。
エェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?


容疑者の部屋にアダルト物や猟奇的作品が無い事がおかしいという論調、すごいね。
ここまで来ると世論誘導なんて可愛いものじゃありません。



皆さん気をつけて!エロ作品を買っただけで警察に犯罪者予備軍としてリストアップされるかもしれません。

エロ作品を持ってることが犯行の背景なんですから!


↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2008-12-08 00:26 | ニュース

群盲、象をなでる

群盲象を評す、とも言うらしい。

外相であった頃、田中真紀子議員がこの発言をして叩かれた事があり、その時にこの言葉を知った。

視覚障害者を差別していると言われたけど、実際にこの言葉の意味を知ると差別発言とはいえない。
ただ視覚障害者の方、あるいは視覚障害者を身内に持つ方がおられるなら、私がこの発言を視覚障害者を侮辱する意味で使っているのではないとここに記しておきます。


目が見えない人が大勢で象を触る。象は巨大なのでその全体を触る事が出来ず、自分が触った部分でそれぞれが象を表現するので全体像がわからない、といった意味。

凡人は大局を理解できない、といった意味で解釈されている。




で、今なんでこの言葉を思い出したかというと、以前も日記に書いたけどネット上のごく一部で「国籍法改正」に反対する動きがあったからだ。
ごく一部過ぎて、殆どの人はご存じないとは思いますけど。

国籍法が何故改正されるのか判らない人がいるかもしれないんでかいつまんで書いておくと、改正前の国籍法が最高裁で両親が未婚である場合の子供に日本国籍が与えられないのは「不合理な差別で違憲」であるという判決を下したから。

憲法は国の最高法規であり、第81条には、

「最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。」
とある為にその法律が最高裁で違憲と判断されれば、立法府である国会は当然、直ちにその法律を合憲とする改正をしなければなりません。

国会(というより自民党)は汚いところで、明らかに違憲である法律は「特措法」として一時的に法律化する。
一時的だから期間が過ぎれば法律は効力を無くすので、違憲ではなくなるというからくりだ。


自衛隊のイラク派兵という明らかな違憲行動は「イラク特措法」という一時的な法律で強行されました。


で、まあ話がちょっとずれましたが、予算案も出せない麻生内閣にしては極めて珍しく、粛々と与野党で改正案が審議されていた訳ですが、ネット上の一部産経新聞から突然反対する動きが出て某巨大掲示板やブログやニコ動なんかにも動きがあったけど、あまりにレイシスト的なその発言にネット内民族主義者の大部分さえもひいてしまい、空回りになってしまったという出来事がありました。


まさに群盲、象をなでる

象の牙をさわって、これは危険だ!と、叫んでいた訳です。


日本人の大部分は国籍法改正が必要である事は理解しているし、反対もしなかった訳ですが、無理にでも国民を引きずり込もうと妄言に継ぐ妄言が飛び火して傍らから見ていて空々しい事この上なかったです。

この国籍法改正反対が如何に国民の興味を引かなかったかは、ググッてみると判ります。

国籍法 925,000件
国籍法改正案 364,000件

後、改悪とか反対となると検索数がどんどん減っていく。
この検索数を他の国民が関心を持つ事と比較してみると、

年金問題 1,590,000件
郵政民営化 1,650,000件
原油高 2,060,000件

一桁違う!


一部の人たちはこれをマスコミと某国の陰謀と称し、民主党の暗躍で法改正が強行されたと流布していますが、本日の国籍法改正案で法改正案を提出した内閣の大部分を占める自民党からの反対者は無し(三名が棄権)。

想像力が豊かな事はいい事ですが、あのアメリカ合衆国でアフリカ系アメリカ人の大統領が誕生するというのに、外国人排斥運動で日本人を動かそうなんて、ちょっとお痛が過ぎますね。
日本人を馬鹿にしすぎです。

批判する事は重要で必要な事ですが、嘘を用いる事はただ卑劣なだけ。批判でもなんでもない。



本日、国籍法改正は無事両院で可決され違憲状態ではなくなり、不合理な差別で日本国籍を与えられなかった人たち(子供たち)は無事に日本国籍を得られるようになりますが、まだ問題解決というわけではなく、今後も再改正は必要になってくると思います。

私が以前書きました経団連による安価な移民労働者確保の手段にならないためにも、労働者の権利保護を含めてしっかりとした法整備を次の内閣にはしていただきたい(麻生内閣には何も期待してない)。

経団連は労働派遣法を安価な労働奴隷制度に作り変えるトンデモ集団ですから、マスコミなんかよりもよっぽど危険です!




目が見えなくても、象の全てを触れられればその巨大さと優しさが理解できる。

目が見えても、象の牙にしか触れなければその凶暴さしか理解できない。

象に凶暴な一面がある事は確かだが、多くの人は象は優しい動物だと理解している。




多くの日本人がサイレントマジョリティとして、国籍法改正が無事成立した事を確認する為に、この日記を記する。


↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2008-12-05 23:09 | ニュース

ハマコーの愛の鞭?

【私の小沢一郎論】浜田幸一元衆院議員 首相になる価値、気づくのが遅かった

 麻生太郎首相が10月30日の記者会見で、消費税率を3年後に引き上げると表明したが、長期的な国民生活を考えると極めて大きな意味をもつ発言だ。消費税率を上げるとは、これまでの首相が言えなかったことで、それも経済が厳しいこの時期に首相は言った。そこまで踏み込んだということは、首相は日本が世界において果たすべき役割は何かを考え、歴史に自分の足跡を残すという意志を示したのだと思う。解散・総選挙がどうこうより、きちっと政治責任を果たしたいということだったと思う。

 ここで、小沢君が考えなければならないことは、衆参両院のねじれ現象の中、単に政権を追及し続けるだけで政権をとるということでいいのか、ということだ。それでは仮に自分たちが政権をとっても、そのときに必ずしっぺ返しに遭う。

 小沢君が国家国民のことを考えるなら、首相と早く一対一で議論すべきだと思っていたので、党首討論が行われたのは良かった。ただ、党首討論では首相も無難な答弁しかしなかったし、小沢君も嫌がらせのような質問だった。勝ち負けではなく、国家のあるべき姿について、侃々諤々の議論をしてもらいたい。それには党首討論の時間が短すぎる。もっと時間を長くしたらどうか。

 5年後、10年後、さらに次の時代に「小沢一郎という人物がいたから日本は変わった、日本は良くなった」ということを望むのであれば、小沢君はただ「麻生首相はダメだ、辞めろ」と言うだけではなく、もし今、自分が首相の立場ならどうするかを考えて、発言し、政策をどう実現するのか、考えてもらいたい。

 そのためには、単に選挙で勝つために全国を回って歩くだけではなく、民主党内で若い世代と政策論議をもっとすべきだ。みんなで議論して決めて動く、そして責任ももつという政治のあるべき姿を、身をもって示してほしい。そうでなければ、小沢君は選挙が終われば、政治家として死んでしまいますよ。民主党内には「小沢さんは選挙まで」と思っている人がたくさんいるんですから。

 私と小沢君とは当選同期なんです。同じく田中角栄さんに師事し、彼は幹事長までなった。私を自民党の国民運動本部長にしてくれたのも彼だし、確か孫が5歳になったときに鎧兜(よろいかぶと)を贈ってくれたこともあった。

 私は小沢君に厳しいことも言ってきたが、悪口のようなことは言ったことがないし、私が書いた「日本をダメにした九人の政治家」にも入れていない。彼は自民党時代に首相になろうと思えばなれたが、ならなかった。私からすれば、彼は首相になる価値に気づくのが遅かった。今になってそれを知ったのだろう。

 小沢君、あなたは日本の国民を背負って歩く人間として、現在の政治の未熟さをあげつらうだけでなく、正々堂々と話すべきは話し合い、戦うべきは戦うという分かりやすい政治をして、二大政党政治の確立を目指してほしい。小沢君はそれをやろうと思えばやれる人間だ。しかし、やる意志がなければやれないだろう。

産経新聞






ハマコーといえば随分とメディアで小沢民主党批判をしてたような気がするんですが、宗旨替えしたのか実は愛の鞭であったのかどっちなんだろう?

以外と、実は仲良しだったのかもしれないね。小沢政権が誕生したら、浜田靖一防衛大臣が民主党に移籍したりして。


小沢さんも最近は麻生太郎が辞任したら超大連立の選挙管理内閣を作ろうとビックリ発言をしてますが、国民は「自民党(と公明党)はもう嫌だ!」といってるんですから自民党抜きでの連立をそろそろ模索しなきゃいけないと思う。

麻生太郎のおかげで自民党も空中分解しそうだし、そろそろ本気で考えないとまずいですよ。



しかし、最近の産経新聞の麻生太郎叩きは凄いな。これも実は、愛の鞭?

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2008-12-05 00:34 | ニュース

嘘の世界も不自由

最近さっぱりゲームをしていない私ですが、久々にビンビン来るゲームが発売されます!



Fallout3

世界最高のアクションRPGと呼ばれるオブリビオンを開発したチームが創り上げた近未来アクションRPG。
核戦争で荒廃した未来のアメリカで、行方不明になった父親を探す為に安全なシェルターから飛び出す。

e0158913_2339174.jpg

これ、なんてマッドマックスですか?!




で、まあここまでは枕なんですが、このFallout3は北米版が発売されており、それからの日本版移植となってます。
日本版移植と言えばオリジナルから修正カットされる事が今や当然となってしまい、案の定こんな説明がありました。


■ 北米版から変更となった表現および内容に関して:
【1】 一部の分離欠損表現を削除
「人間」(プレイヤ・キャラ含む)及び「グール」(個人名が表示されるタイプ)の分離欠損表現を日本語版では削除致しました。

※ 「スーパーミュータント」や「フェラル・グール」、昆虫類、モンスターや動物、ロボット等は北米版同様の分離欠損表現です。
※ 出血量、フィールド上にある死体や「ゴア・バッグ」などに関しては北米版から変更有りません。

【2】 クエスト「The Power of the Atom」の選択肢を一部削除
クエスト「The Power of the Atom」にて「核爆弾を起爆」出来ないようにする為、NPC「Mr. バーク」を日本語版では削除致しました。

上記①~②に関しては、オリジナルの表現がCEROの倫理規定で定められている「禁止表現」に該当すると判断された為、変更を加えました。
http://www.bethsoft.com/jpn/news/20081110a.html


このブリブリシーンがないそうですよ!


ありえない!
モンスターだろうが人だろうが、攻撃されたら肉体が破壊されるのが当然。


しかもこのゲームはCEROのレーティングでZ指定。いわゆる18禁指定をされているのに、何でそこからさらにカットしたり変更したりする必要があるのか?!

CEROのレーティングは以下のサイトを参考に。
http://www.cero.gr.jp/rating.html


18歳以上の大人しか買えないのに、なんで大人に対してさらに表現の規制が必要あるのか?
それならそもそも、Z指定なんて必要ない。

児童ポルノ規制といい、このレーティングといい、一体何のための、誰のための規制なんだ?!

大人には、好きなように好きなゲームをやれる自由があるのに!


ゲームや妄想の世界でぐらい、誰にも邪魔されずに好きな事がしたい…。 ゲームや妄想の世界にさえも自由がないなんて、なんて世界は狭いんだろう。


↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
by Mr_F | 2008-12-01 23:48 | サブカル