民主主義的アナーキスト「F」氏のブログです。サブカルチャーから社会問題までおっとり刀で書いていこうと思います。


by Mr_F
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

皇帝にならなかった英雄

三国志・曹操の墓発見=副葬品に「魏武王」、遺骨も-中国河南省

 新華社電によると、中国河南省文物局は27日、北京で記者会見し、同省安陽県安豊郷西高穴村で発掘された後漢時代の墓が、三国志の英雄で魏の始祖、曹操(155~220年)の墓「高陵」と確認されたと発表した。矛や枕などの副葬品に「魏武王」の銘文があったことを最大の根拠とし、出土した男性の遺骨が60歳前後と推定され、歴史書に記載された享年と符合するという。

 曹操の墓については「うたぐり深い性格から、盗掘防止のため、72の偽の墓を造らせた」などのさまざまな伝説があり、中国メディアは「今回の発見で、千古の謎が解き明かされる」と伝えた。

 発掘された墓は前室と後室、四つの側室がある構造で、全体の面積は740平方メートル。墓室は20メートル四方で、墓道は全長40メートル、幅10メートル。最も深いところは地表から15メートル。

時事通信





曹操と言えば中国三国時代に治世の能臣、乱世の奸雄と呼ばれた英傑。そして三国志の中で唯一、皇帝にならなかった男。

劉備元徳は蜀漢王朝の初代皇帝となり、孫権仲謀は呉王朝の初代皇帝となった。しかし曹操孟徳は後漢王朝内での魏王に留まった。
息子である曹丕子桓が魏王朝の初代皇帝となり、父である曹操に武皇帝と言う謚号を贈る。

曹操は事実上、後漢王朝最期の皇帝であり中国の支配者だった。日本の戦国時代、事実上日本の支配者であった織田信長と同じに。
後漢王朝末期にどの程度、後漢王朝の影響力があったのかはよく判らないが、曹操が名目上とはいえ後漢を廃さずに存続させたのはそれだけ意味があったのだろうし、曹丕が後漢から王朝を禅譲された時に蜀漢が後漢王朝の後継として成立した事もそれだけ影響力があったと言う裏返しだろう。

そして魏王朝は蜀漢よりも呉よりも早く、わずか三代で滅びた。曹操の臣下であった司馬一族によって廃され晋王朝(西晋)が成立し、晋は蜀漢と呉を滅ぼし後漢後初の中国統一王朝となった。
が、この西晋も八王の乱という司馬一族の内乱でわずか四代で滅びる。


振り返ると曹操が事実上支配した後漢末期が最も安定した王朝だった。内乱もなく(と言うか曹操自身が後漢王朝最大の内乱主であった訳だが)、一族も臣下も曹操の下に結集していた。

曹操が死んだ途端、一族は殺し合いを始めて臣下は主を殺し、辺境国は王朝を名乗った。


皇帝になれなかったのか、ならなかったのか、それはともかくとして皇帝に最も相応しかったのは曹操であった事は間違いない。


↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
# by Mr_F | 2009-12-28 01:49 | ニュース


サンタクロースはいるんだ

Yes, Virginia, There is a Santa Claus

ニューヨーク・サン誌社説(担当:フランシス・ファーセラス・チャーチ) The New York Sun (written by Francis Pharcellus Church)

大久保ゆう訳


 本誌は、以下に掲載される素晴らしい投書に対してお答え申し上げると同時に、読者にこのような素晴らしい方がおられることを、心から嬉しく思います。

「こんにちは、しんぶんのおじさん。わたしは八さいのおんなのこです。じつは、ともだちがサンタクロースはいないというのです。

 パパは、わからないことがあったら、サンしんぶん、というので、ほんとうのことをおしえてください。

 サンタクロースはいるのですか?

 ヴァージニア・オハンロン」


 ヴァージニア、それは友だちの方がまちがっているよ。きっと、何でもうたがいたがる年ごろで、見たことがないと、信じられないんだね。自分のわかることだけが、ぜんぶだと思ってるんだろう。
 
 でもね、ヴァージニア、大人でも子どもでも、ぜんぶがわかるわけじゃない。この広いうちゅうでは、にんげんって小さな小さなものなんだ。ぼくたちには、この世界のほんの少しのことしかわからないし、ほんとのことをぜんぶわかろうとするには、まだまだなんだ。

 じつはね、ヴァージニア、サンタクロースはいるんだ。愛とか思いやりとかいたわりとかがちゃんとあるように、サンタクロースもちゃんといるし、愛もサンタクロースも、ぼくらにかがやきをあたえてくれる。

 もしサンタクロースがいなかったら、ものすごくさみしい世の中になってしまう。

 ヴァージニアみたいな子がこの世にいなくなるくらい、ものすごくさみしいことなんだ。
サンタクロースがいなかったら、むじゃきな子どもの心も、詩のたのしむ心も、人を好きって思う心も、ぜんぶなくなってしまう。みんな、何を見たっておもしろくなくなるだろうし、世界をたのしくしてくれる子どもたちの笑顔も、きえてなくなってしまうだろう。

 サンタクロースがいないだなんていうのなら、ようせいもいないっていうんだろうね。だったら、パパにたのんで、クリスマスイブの日、えんとつというえんとつぜんぶに、人を見はらせて、サンタクロースが来るかどうかたしかめてごらん。

 サンタクロースが来なかったとしても、なんにもかわらない。だってサンタクロースは見た人なんていないし、サンタクロースがいないっていうしょうこもないんだから。だいじなことは、だれも見た人がいないってこと。

 ようせいが原っぱであそんでいるところ、だれか見た人っているかな? うん、いないよね、でも、いないってしょうこもない。世界でだれも見たことがない、見ることができないふしぎなことって、ほんとうのところは、だれにもわからないんだ。

 あのガラガラっておもちゃ、中をあければ、玉が音をならしてるってことがわかるよね。

でも、ふしぎな世界には、どんな強い人でも、どんな強い人がたばになってかかっても、こじあけることのできないカーテンみたいなものがあるんだ。
むじゃきな心とか、詩をたのしむ心、愛とか、人を好きになる心だけが、そのカーテンをあけることができて、ものすごくきれいでかっこいい世界を見たり、えがいたりすることができるんだ。

 うそじゃないかって?

 ヴァージニア、これだけはいえる、いつでも、どこでも、ほんとうのことだって。

 サンタクロースはいない?

 いいや、ずっと、いつまでもいる。ヴァージニア、何千年、いやあと十万年たっても、サンタクロースはずっと、子どもたちの心を、わくわくさせてくれると思うよ。


※ そのあと、ヴァージニアはニューヨークの学校の先生になって、四七年間子どもたちを教えつづけたそうです。

翻訳の底本:The New York Sun (1897) "Yes, Virginia, There is a Santa Claus"

   上記の翻訳底本は、著作権が失効しています。

翻訳者:大久保ゆう

2002年10月1日初訳
2007年5月19日作成

青空文庫提供ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫に提供されています。
Creative Commons License
この作品は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。
上記のライセンスに従って、翻訳者に無断で自由に利用・複製・再配布することができます。
翻訳者のホームページは、http://www.alz.jp/221b/ にあります。作品・翻訳の最新情報やお問い合わせは、青空文庫ではなく、こちらにお願いします。


↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
# by Mr_F | 2009-12-24 22:38 | 雑記

普天間基地と利権

普天間移転をこじれさせた歴代自民党政権と役人の大罪

2006年9月に何があった?

 普天間基地の移転問題で揺れる鳩山政権。大マスコミは「このままでは日米関係に亀裂」と大騒ぎだが、コトをここまでこじれさせた元凶は歴代自民党政権と役人にある。とくに怪しいのが2006年9月の動きだ。日本では小泉政権が安倍政権に代わり、防衛庁長官は額賀福志郎から久間章生に交代した。このとき、何が起こったのか。鳩山政権は全情報を公開させるべきである。

 今月11日、国会で超党派の議員が集まる「沖縄基地問題議員懇談会」(事務局長・川内博史衆院議員)が開かれた。
 講師に招かれたのは伊波洋一・宜野湾市長。防衛省や外務省の担当者も顔を揃えた。

 この会議で伊波氏は、米軍が普天間基地の海兵隊ヘリ部隊を、ほぼそっくりグアムに移転させる計画を持っていたことを示す証拠を出した。米海軍省グアム統合計画室が作った「グアムと北マリアナ諸島の軍移転」に関する環境影響評価書だ。文書は沖縄のジュゴンを守るために米国で起こされた裁判で出てきた資料で、全9巻8100ページに及ぶ膨大なもの。この中の第2巻と第3巻に沖縄の海兵隊移転の詳細が記述されていて、海兵隊の司令部だけでなく地上ヘリ部隊や迫撃砲隊、補給部隊に至るまで、大半をグアムに移転させる計画が出てくるのだ。

 沖縄の海兵隊のほとんどがグアムに行くのであれば、日本国内に普天間基地の代替施設を造る必要はない。基地問題は解決だ。
 しかも、海兵隊の“丸ごとグアム移転計画”は06年7月、米太平洋軍司令部が作成した「グアム統合軍事開発計画」の中にも出てくる。

「海兵隊航空部隊とともに(グアムに)移転してくる最大67機の回転翼機と9機の特別作戦機CV―22航空機用の格納庫や、離着陸用パッドなどを建設する」ことが明記されているのである。普天間に駐留する海兵隊の回転翼機は56機。全部移動させても、まだ、格納庫は余る。辺野古に滑走路なんて要らないのである。

●米国の“丸ごと”グアム移転計画をひた隠し

 ところが、この「開発計画」は2カ月後に国防総省のホームページにアップされたものの、たった1週間で削除されてしまう。

 そして、自民党政権はその後、「グアムに移転するのは司令部だけ」と言い出し、沖縄に残る実動部隊のために代替基地を造ることが“既成事実”であるかのような国会答弁を繰り返してきたのだ。
「その食い違いが今回、伊波市長が公開した資料でも明らかになったわけですが、問題はなぜ、国防総省がHPを削除したのか。この時期、日米で何らかの談合、合意があり、グアム移転の詳細を曖昧にする必要に迫られたからだと思います。日本政府はグアム移転の費用のうち、61億ドルを負担する。しかし、米軍はもっと基地を強化したい。日本の税金4000億円で代替基地を造り、思いやり予算までくれると言うのを断る必要もない。日本側は日本側で海上を埋め立て、新基地を造れば、利権になる。そのために移転の核心情報をひた隠しにし、辺野古移転をゴリ押ししてきたとしか思えません」(ジャーナリスト・横田一氏)

 国会で開かれた懇談会では民主党議員らが役人の説明と米国公開資料の食い違いを厳しく指摘。「どちらかがウソをついている。米国に再確認して回答を文書で出せ」と迫った。役人たちは「政務三役と相談して……」などと逃げようとし、「国会軽視だ」と激論になった。

 問題がここまでこじれた以上、洗いざらい情報を公開させて議論をしなければダメだ。

ゲンダイ

http://www.news24.jp/articles/2009/12/11/04149543.html#

 米軍普天間基地を抱える沖縄・宜野湾市の伊波洋一市長が、日テレNEWS24の番組「代表質問」に出演し、普天間基地移設問題について小西美穂キャスターの質問に答えた。伊波市長は、米軍側の資料を基に海兵隊のグアム移転計画を分析したうえで、「辺野古移設を普天間返還の前提とする考えはおかしい」などと主張した。

 番組のもようを全編ノーカット配信。

日テレ




難航する普天間基地移設問題。
辺野古基地との合同の県内移設や、グアム移転の国外移設など政府与党(民主党、社民党、国民新党)内での意見も別れ鳩山首相の決断力不足の要因ともなっている。

しかしどうも民主党側に、かつて自民党とアメリカ政府が合意に至ったグアムへの海兵隊完全移設とその移設中止の不思議な顛末が伝わっていない事が問題の発端になっているのではないか?


上記記事や伊波洋一宜野湾市市長の証言などを合わせ聞くと、そう考えるのが自然。


誰かが嘘をついているのだ。

海兵隊基地が国外へ、グアムに移転しても海兵隊の機動力があればその能力が落ちる事もないし、日本の国防上問題もない。本来海兵隊とはそういった能力を本質とした軍組織であるし、沖縄からグアムへ移っても48時間以内で即応できる。

海兵隊がグアムに移転しても国防上、日本に問題は生まれない。



ではどこに問題が生まれうるのか?


それをさかのぼって考えると、アメリカが軍を再編するに伴い沖縄の海兵隊をグアムと統合しようとした事を自民党がやめさせた事で説明がつく。

なぜ自民党がやめさせたのか?
そして、なぜアメリカはそれを受け入れたのか?


アメリカにしてみれば軍再編は緊縮財政に伴うものであるから、日本側から金まで出すというのなら移転する必要はない。
グアムへの司令部移転も日本が金を出すのなら、まあそれで問題はない。


自民党はなぜそうしたのか?

沖縄の産業は第3次産業(小売業、サービス業)がその殆どを占めアメリカ兵とその家族は必要不可欠。
これに依存し続ければ沖縄を開発せずとも、なんとか沖縄の産業は成り立つ。
またそういった産業からの利権も滞りない。

米軍の一部が沖縄から撤収すれば産業は落ち込み、沖縄開発をせざるを得なくなる。


在日米軍に依存し続ける事で成り立ってきた沖縄の産業。それが続く限り沖縄を開発する必要もなく、安定した利権を維持できた。
特に沖縄は旧社会党が勢力を保つ地域であり、自民党にすれば開発せずに現状維持が最もよい。



利権。それが沖縄の開発を停滞させ、基地問題を混乱させている。民主党と社民党はこれに切り込まなければならない。

↓↓良ければバナーをクリック、お願いします↓↓

人気ブログランキングへ
[PR]
# by Mr_F | 2009-12-19 19:11 | ニュース

君死にたまふこと勿れ

「君、国売りたまうことなかれ」 安倍元首相が小沢氏批判

 君、国売りたまうことなかれ-。自民党の安倍晋三元首相は16日付の自身のメールマガジンで、歌人、与謝野晶子の句をもじり、天皇陛下に関する民主党の小沢一郎幹事長の言動を激しく批判した。

 安倍氏は、陛下と中国の習近平副主席との特例会見を内閣の助言と承認に基づく「国事行為」だとして正当化した小沢氏の14日の記者会見について、「天皇の政治利用は、好きにやらしてもらうとの宣言といえる」と指摘。小沢氏が先の韓国訪問時に永住外国人への地方参政権付与を約束し、来年の陛下の訪韓にも言及した問題に対し、「君、国売りたまうことなかれ」と訴えた。

 さらに、小沢氏が特例会見のごり押し実現を批判した宮内庁の羽毛田信吾長官の辞任を求めていることを念頭に、「辞めるべきはあなたであり、鳩山由紀夫首相だ」と書いた。

産経新聞



「君死にたまふこと勿れ」とは。

此処に掲載の詩編は、名高い「君死にたまふこと勿れ」が明治三十七年(1904)九月「明星」初出。忠君愛国の日露戦争時代に果然反響を巻き起こしたが、毅然として退くことなかった晶子反戦の真意は、「あきびと=商人」の自立心とともに、今にして露堂々と受け取れる。

http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/

安倍晋三はどうせこの詩を読んだ事もなく、ただタイトルをもじって愛国駄洒落とでも洒落込んだのだろうけど、これほど日本文化を著しく貶める行為はないな。

血統は最高、人間として凡庸。そして政治家としてきわめて劣悪という最低の政治家である安倍晋三。


その血統だけで日本国総理大臣にまで登りつめ、その劣悪な政治家能力で自らその地位をかなぐり捨て逃亡した、日本国民全てに唾した最低最悪の政治家である事を今更ここに繰り返し書く必要性もないけど、まあ今は世捨て人として政界の隅っこにチョロチョロしているだけならまだいいとして、日本が世界に誇る女流歌人、与謝野晶子の名歌を貶めるような恥知らずな行為をやらかすとは、全くどこまで愚劣なんだろうか?

凡庸だけならまだしも、人間として愚劣

政治家どころか、人の親になる資格もない(子供がいないので一安心だが)。



人間として最低限の品位を持っていれば、この名歌を自分の劣悪な思想で犯そうなどとは考えない。


あゝをとうとよ戰ひに

君死にたまふこと勿れ

(旅順口包囲軍の中に在る弟を歎きて)

 

あゝをとうとよ君を泣く

君死にたまふことなかれ

末に生れし君なれば

親のなさけはまさりしも

親は刃(やいば)をにぎらせて

人を殺せとをしへしや

人を殺して死ねよとて

二十四までをそだてしや

 

堺(さかひ)の街のあきびとの

舊家(きうか)をほこるあるじにて

親の名を継ぐ君なれば

君死にたまふことなかれ

旅順の城はほろぶとも

ほろびずとても何事か

君知るべきやあきびとの

家のおきてに無かりけり

 

君死にたまふことなかれ

すめらみことは戦ひに

おほみづからは出でまさね

かたみに人の血を流し

獣(けもの)の道に死ねよとは

死ぬるを人のほまれとは

大みこゝろの深ければ

もとよりいかで思(おぼ)されむ

 

あゝをとうとよ戦ひに

君死にたまふことなかれ

すぎにし秋を父ぎみに

おくれたまへる母ぎみは

なげきの中にいたましく

わが子を召され家を守(も)り

安(やす)しと聞ける大御代も

母のしら髪(が)はまさりけり

 

暖簾(のれん)のかげに伏して泣く

あえかにわかき新妻(にひづま)を

君わするるや思へるや

十月(とつき)も添はでわかれたる

少女(をとめ)ごころを思ひみよ

この世ひとりの君ならで

あゝまた誰をたのむべき

君死にたまふことなかれ


與謝野 晶子

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
# by Mr_F | 2009-12-16 20:15 | ニュース
NHKのドラマ、坂の上の雲で伊藤博文が出てきましたね。加藤剛さんのイメージと伊藤博文のイメージが合致して、すごくいい。


伊藤博文は元々は幕末の志士で過激な尊皇攘夷派。イギリス公館焼き討ちなど今で言うところの過激派だったが、その高い語学力からイギリスへ留学。
そこから穏健な開国派に転じ、高杉晋作の奇兵隊の一員となって討幕に邁進する。

明治維新後は一官僚として中央地方で実務経験を積み重ね、大日本帝国の初代総理大臣に就任。その後は政党、立憲政友会を創立して日本の政党政治の礎を築いた。



お札にも印刷されて、歴史上の人物としては充分知られているけど、他の幕末の人物に比べると地味で人気がない。
幕末の志士としては高杉晋作の巨大な影に隠れ、明治創建の中では官僚的で地味。

そういうところがあるので、初代内閣総理大臣という歴史上絶対的な地位にあるにもかかわらず、あんまり人気がない。
幕末明治を扱った創作物で活躍する事も殆どなく、せいぜい顔を出す程度。




伊藤博文はその過激な攘夷思想を英国留学で世界を知った事で捨て去り、一変開国主義者となる。女子教育普及にも熱心で、明治天皇に立憲君主制への理解を深めてもらうべく腐心したり、今で言うところのリベラル派。
大日本帝国が軍事力で国力を増そうとする姿勢に反対し、政治家として非常に危うい位置にあった日本の安全保障を国際協調でギリギリの線で守り続けた。

伊藤博文の死後も立憲政友会は同様の政策を続けるも日本陸軍の暴走は止まらず五・一五事件で犬養首相が暗殺されるなどし弱体化。最終的に大政翼賛会に参加し、大日本帝国は決定的な敗戦で消滅する。




歴史をみる時は色々な軸で眺めると、「もしも」はないが「もしかしたら」はあるような気がする。
伊藤博文は歴史の主流にはなれなかった人物だけど、もし主流であったら日本という国家は全く異なる進化を遂げたかもしれない。


列強に囲まれた極東の小さな島国が、その絶妙なバランスで安全保障といういばらの道を戦争に頼らず歩き抜ける事が出来たとしたら、この島国は今とは全く違った自主独立の国家を形成したように感じる。


伊藤博文は、そういった国家像を夢想した数少ない政治家だったと思う。
ただ、それを理解できるほど日本が成熟していなかった事が、伊藤博文にとっても日本にとっても惜しい事だった。




加藤剛といえば大岡越前。大岡越前といえば徳川吉宗の右腕として幕政改革(享保の改革)に邁進したが、残念ながらその改革は志半ばで頓挫し日本を変えるまでには至らなかった。

伊藤博文に大岡越前。なんかそういった政治家として残念だったところが、加藤剛さんを中心に不思議な輪廻を起こしたような気がするね。

↓↓良ければ下をクリック、お願いします↓↓
この文章をクリックするとブログランキングへカウントされます
[PR]
# by Mr_F | 2009-12-15 22:38 | F氏の政治戯言